[完全母乳ママ必見]子連れで美容院☆成功ポイント3つ

51d9eda089610ab0facb3dd8457b197f_s

完全母乳で育てていると、一日中赤ちゃんとべったり、ということが多いですよね。

でも、ふっと鏡を見たとき、髪はぼさぼさ、目の下にはクマ、なんてことになってませんか?

気が付けばお産の直前に行って以来、美容院、行ってないのではないですか?

でも、

完全母乳ではパパに預けることもできないし……

美容院へ赤ちゃんと行きたいけれど、赤ちゃんが泣いたら迷惑だよね…

美容院へ行きたいけれど、そもそも赤ちゃんと行ってもいいのかな?

など、美容院へ行く、というシンプルなことさえ、赤ちゃんがいるといろいろな心配や不安が出てきますね。

そこでここでは、赤ちゃんと一緒に美容院へ行くときに気を付けたいことをまとめてみます。

 赤ちゃんと美容院へ行くとき必ずおさえたいポイント3つ

予約の時、赤ちゃんを連れてきてもいいか確認する

美容院によっては、赤ちゃん連れがNGな場合もあります。予約の時、まずはその点を確認しましょう。

美容院を選ぶポイントとしては、

赤ちゃんを連れて行くときは、ベビーカーに乗せて入店します。なので、ベビーカーでもらくに移動できるくらいの、広さに余裕がある美容院がいいでしょう。

逆に、美容師さんが1~2人といったアットホームなサロンもおすすめ。すいている時間を狙えば、貸切状態になるからです。

キッズカットをウリにしているサロンもおすすめです。おもちゃや絵本などが完備されていることが多く、美容師さんも子供慣れしている人が多いです。

なお、地下など、エレベーターがない美容院も移動が大変なのでさけたほうがいいでしょう。

赤ちゃんの昼寝時間&すいている時刻に予約

次に、予約する日時ですが、やはり平日の日中が基本です。予約するとき、サロンにすいている日時を確認してもいいですね。

そして、その時間と、赤ちゃんが昼寝する時間の重なる時間帯に予約しましょう!

美容院へ行く直前に授乳をし、ベビーカーで揺らしつつ寝かせ、美容院に着いたら熟睡……というのが理想的な段取りです。

こうしておけば、赤ちゃんがベビーカーですやすや寝ているときに、安心してカットやカラーのサービスを受けることができます。

2時間以内で終わるメニューを選ぶ

そして、美容院で何をしてもらうか、ですが、カットやパーマ、カラー、トリートメントなどフルメニューを受けると4時間近くかかることもあります。

いろいろやりたいのはわかりますが、赤ちゃんが泣いてしまう前の2時間以内におさまるようにするのがベストです。

敏感な赤ちゃんだと、美容院という特殊な場所の空気を察して、途中で起きてしまうこともあります。カラーをしているとき、赤ちゃんが泣いてしまうと結構大変、、、、ですね。

できればカットをとりあえずしてもらって、別の日にカラー、と段階をわけたほうが安心です。

月に1回美容院を訪れる、というのもいい気分転換になっておすすめですよ。

 赤ちゃんが泣いたらどうする!?

2時間以内におさめても、途中で起きない保証はありません。泣き出してしまったらどうするかというと……

授乳はしているので、おなかはうまっているはず。なので眠いか、さみしいか、ということになります。

抱っこできればベストですが、髪を切っている途中やカラーをしている途中では、難しいこともありますね。

そんなときのために、おしゃぶりやお気に入りのおもちゃ(音が出ないもの)は持参しておきましょう。

ひとまずおもちゃで気を休めて落ち着いたらシメシメ、ですがダメなこともあります。

最悪、抱っこすることもあると心の準備はしておきましょう!

 まとめ

04053849feff416b9dbdb442631e02f0_s

以上、子連れで美容院のテクでした。いかがでしたか?

もし、お子さんがよく寝るタイプで、一度寝たら起きない、というならこれでオーケーでしょう。

一方、お子さんがちょっとしたことで起きてしまうタイプなら、より安全な方法としてはパパの休みの日に一緒に行ってもらう、というのがいいでしょう。

パパは授乳はできなくても抱っこはしてもらえますから、安心感が違います。土日祝日だと、混雑していますけどね。

いずれにしても、美容院でキレイになると、育児をがんばる気持ちがわいてきます。怖がらずに、チャレンジしてみてください!

 

関連記事

ピックアップ!

育児中のペディキュア

2014.5.8

【産後のネイル解禁はいつから?】子どもが1歳になればまずはペディキュアから再開

知ってますか ? ご褒美ネイル 育児中にネイルなんて・・・でも脚なら生活に支障はありません 温かくなってきて、空も木もキラキラ輝き始める…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る