歩けるようになったら!年齢別公園で楽しめるグッズご紹介

暑い夏

よちよちと歩けるようになったら、
ベビーカーから降りて公園で遊べるようになります。
しかし最初は歩くだけで楽しい公園も、あんよが上手になってくると
だんだん物足りなくなるかも。

「公園に行くようになったけど、遊具で遊ぶにはまだ小さい」
「お店でおもちゃを見ても、『対象年齢3歳以上』が多い」
「出来れば安価なもので用意したい」

子供が大きくなれば遊具で遊んだり
キャッチボールで遊んだりと言うことが出来るけど
2歳以下の小さい子はどう遊んであげればいいのかわからない。
そんな新米ママって意外と多いと思います。

そこで今回は、公園で遊び始めたヨチヨチちゃんに
用意してあげたいおもちゃを年齢別にご紹介します。

年齢別おすすめのおもちゃ

1歳(歩き始めの時期)

まだ歩くだけで楽しい&精一杯の時期。特におもちゃは必要ありません。
小石や砂利、草花(特にねこじゃらしは人気)や虫などで遊びましょう。

ただし、まだ落ちているものを口に入れてしまうかもしれないので、
しっかり見ておいて。
小石や砂利くらいならそんなに問題無いのですが
タバコや水風船の残骸なんかが落ちていることがあります。

1歳~1歳半(歩くことに余裕が出来てきたとき)

歩きながらいろいろなものが目に入るようになります。
「動くものを追いかける」というのはまだ出来ない子が多いと思いますが
ママに追いかけられると喜びますよ。

柔らかいボール・・弾まないほうが追いかけやすく、持ちやすいです。
当たっても痛くないもの。100均でもあります。

ママが作るシャボン玉・・ストローでシャボン液を飲んでしまうので
ママが作ってあげるようにしましょう。
こちらも100均にいろいろな種類のものがあります。

手押しと落下ガードが付いた三輪車・・自分で漕ぐのはまだ難しいので
ママが押してあげましょう。また、これがあると公園までの道のりが楽です。

1歳半~2歳(普通に歩けるようになった時)

歩いたり走ったりが安定して出来るようになります。
(もちろん個人差があります)
ママと追いかけっこしたり、補助付きで滑り台やシーソー、
ブランコなどを楽しみましょう。

しっかり弾むボール・・思いもよらない方向に弾むと
喜んで追いかけます。100均であります。

砂場セット・・とりあえずはバケツとスコップ。
他に、マーガリンの空き容器やプリンの空き容器等でよいでしょう。

手持ちで作るシャボン玉・・シャボン液を付けて、振ればシャボン玉が出来るもの。
ストロータイプは息のふきこみ加減が難しいので
手持ちの方が上手に作れます。こちらも100均にあります。

乗用玩具(ビジーカー、公園レーサー等)・・落下ガードが無くても
自分でバランスをとって上手に乗れる子が増えます。
ギミックがたくさん付いたものもありますし、シンプルなものもありますが、
公園への行き返り途中で子供が乗ってくれるとも限りませんので
持ち運びしやすいものがおすすめです。

011c91794e868380f9aa6c93183dad9c_s

公園で遊ぶ際のアドバイス

公園に行くと同じ年代のお友達がいますが
まだ小さい子同士だとおもちゃの取り合いや喧嘩などの
トラブルが起こることがあります。

見知ったママ同士ならいいのですが、
まだあまり知らない相手の場合は、特別気にかけ
自分の子供が悪いことをした場合は少しオーバー気味に叱りましょう。
そのほうが波風が立たず、その後も平和に過ごせます・・・。

高いおもちゃ、壊したらショックなものなどは持っていかないようにしましょう。
子供同士でおもちゃの貸し借りをすることもあるし、
他の子が壊してしまうことは十分考えられます。
公園に持っていくおもちゃは、無くしても壊しても諦められるもの。
もし他の子が壊しても、その子のママがあまり気を遣わなくていいものに
とどめておきましょう。

まとめ

あんよが出来るようになると世界が広がりますね。
今までは室内の、畳やクッションのスペースでしか遊べなかったのに
公園や幼稚園の園庭解放、ショッピングモールの子供スペース等等。
遊ぶ場所に前ほど困らなくなります!

まだ歩道と車道、人の物と自分の物の区別がつかないのでママは大変ですが
安全な場所に連れて行って思いっきり遊ばせてあげましょう☆

関連記事

ピックアップ!

スマホあるある

2014.5.2

【黙って座ってるワケがない!】GWの帰省・長距離移動の際の子供のグズグズ対策

待ちに待った大型連休がやってきました。 はじめての山遊びや川遊び、農業体験アクティビティも素敵! 実家の両親や兄弟姉妹の家族とにぎやかに…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る