[保育園帰宅後のスケジュール]家事と子守を両立させる裏ワザは?

66379eb693d8dc7a3e506b3c52d09f89_s

今回のテーマは「保育園帰宅後の家事と育児」。

仕事が終わって保育園へお迎え、帰宅後はゆっくりしたいけれど、子どもはかまってほしがるし、夕飯の支度はしないといけないし、と泣きたくなるときがあるのではないでしょうか?

少し前は、私もそうでした。

ときには夕飯の支度まで手がまわらず、定食屋に親子で駆け込むことも……。

「早起きして夕飯の支度をしよう」「早起きして家事はある程度朝済ませよう」というアドバイスはたくさん見かけますよね。

でも、仕事で疲れた体を休める睡眠を削るのってつらくないですか?

とくにフルタイムで働いていると、

疲れ切ってて子供の相手をする元気がない

夕飯のしたくで子供の相手ができない

テレビばかり見せてしまう

といった悩みは尽きないのではないでしょうか。

そこで、ママも子供もハッピーになれるアイデアを1つ、提案させていただきます。

夕飯の前にお風呂に入ろう!

その提案とはいたってシンプル。夕飯の前にお風呂に入ってしまおう!というものです。

なぜ夕飯の前のお風呂なのかというと、

メリット1 空腹がやわらぐ

これは実感なのですが、お風呂に入って体が温まると、空腹が和らぐのです。

帰宅後、自分もおなかがすいている上に、子供に「おなかすいた!」と催促されると余計イライラしませんか?

イライラしながら夕飯の支度をして、イライラしながら夕食、イライラしながらお風呂、とイライラスパイラルになってしまいがちです。

科学的医学的にも根拠があるようで、入浴で体が温まると交感神経が活発になり、胃腸の活動を抑えられるのだそうです。

メリット2 ママの疲れがとれる

入浴はもちろん、リラックスできますよね。

1日の疲れをすっきりとることで、入浴後の夕飯の支度や子どもの歯磨きや洗濯ものをたたむなどの家事もテキパキできます。

メリット3 お風呂遊びならママも付き合いやすい

赤ちゃんのお風呂

 

1日のほとんどを保育園で過ごす子どもにとって、ママとのスキンシップはとっても大切ですよね。

とはいえ、やることがいっぱいあって、じっくり向き合う余裕がない、というのが現実ではないでしょうか。

でも、お風呂なら実用も兼ねているし、「お湯」の力をかりることができます。

抱っこしてあげながら湯船につかったり、パシャパシャとお湯をかけっこしたり、お風呂おもちゃで遊んだり……。

湯船の中なら、ママもゆっくり遊んであげられると思います。

メリット4 夕飯を焦らず作れる

お風呂で親子コミュニケーションがとれれば、子供の気持ちは落ち着いているはず。

パズルやブロックなど1人遊びできるおもちゃで遊んでもらいながら、夕飯の支度に取り掛かれます。

ママも、疲れがとれているのでテキパキすすめられます。そのとき、ポイントは白飯だけは用意しておくということ。

白飯がない場合は帰宅後にすぐ研いで、お風呂から出たらスイッチオン。

基本は、ストックしておいた冷凍ごはんが便利ですよ♥

メリット5 夕飯後に親子でゆっくりできる

夕飯を先にしてしまうと、「次はお風呂!」と焦ってしまいがちです。

でも、夕飯の後こそ、のんびりくつろぎたいですよね。

お風呂がすんでいれば、夕飯がすんだら、あとは歯磨きをして、洗濯物をたたみながら、親子で一緒にテレビを見るなど、寝るまでゆっくり過ごすことができます。

「夕飯の前にお風呂」の注意点