【違和感・下がってるみたい?】産後の生理が止まっている間の外陰部の変化

産後 外陰部

恥ずかしいけど、知りたい話題

抜け毛やしみ、そばかす
そんな悩みならいくらでも相談できるけど、外陰部については聞きづらいもの。

いくら出産に伴う変化でも、「友達にだって聞きづらい…」という女性が一番多いのが「産後の外陰部の変化」についてです。

聞きづらいけど、不安だから大丈夫かどうか知りたいというのが本音でしょう。

【違和感】なんだか違う !?

お風呂で洗浄中に、あるいは薬を塗る際に気が付いてしまった !

なんだか産前と違う!
と、悩むママも多いようです。

産後すぐの場合は、産んだ直後だから仕方ないのかなと思えるかもしれません。
しかし、縫った部分のひきつった感じやしこりが感じられるようなら一度、婦人科に相談してみたほうがいいと思います。

私の場合

実際に私も違和感を覚え、産婦人科で相談したことがあります。

膣の入り口が「こんなところにあったっけ ?」
というくらい、わかりやすくなったことです。

しこりがあるというわけではないのですが
入り口が下がっているような感じでした。

不安になり息子の出産でお世話になった女性の先生に相談したところ、全く異常はありませんでした。

閉経後の女性と同じ

その時に知ったのは、生理が止まっている期間の膣は、閉経後と同じ状態にあるということです。

生理を左右するエストロゲン (卵胞ホルモン)の分泌が減り、
柔軟性を欠いた膣は以前より硬くなって下がってくるのだとか。
ほんの少し下降している程度なのですが。

エストロゲンは、夫婦の関係にも影響していた

・膣粘膜が薄くなる
・潤滑性が失われる
・膣自体が狭くなる

こうしたことで、パパとのナイトライフが苦痛というママもいるようなのです。
産後は疲れもあり、乗り気じゃない…。

パパの気持ちにもこたえてあげたいけど、なんだかとっても痛い…。

悩んでいるママ、それはエストロゲンの影響です。
パパの魅力やパパへの愛情が減ったからではないようです。

夫婦関係を円滑にするためにも、疲れやホルモンの影響だと知っておくのはとても大切なことです。

また、このように説明してあげることでダンナさんも納得できるはず

抵抗があるかもしれませんが、痛みの緩和には市販のジェルを取り入れてみてもいいのかもしれませんよ。