[1才代]お正月のおせち★食べるのいつから?どうやって?

eaf0a9ab95c4f73f1d830a2ddd338ab4_s

 

お正月の料理と言えばおせちですが、

子どもにおせちって大丈夫なのかな、と思いますね。

1歳未満だと大人と一緒のものを食べさせるのは不安を感じますが、離乳食完了期に入ると、

これくらいなら大丈夫?

とつい油断しがち。しかも、帰省先では、出されたものを断るのも勇気がいります。そこで、

じいじばあばが食べさせたがるけど、大丈夫?

食べられるおせちってあるの?

アレンジすれば食べられる?

といった、離乳食完了期以降の子供とおせちの疑問について、まとめていきます!

 大人と同じように食べられるのは3才から

まずは大前提から。

離乳食が完了したからといって、大人と同じように食べられるようになるわけではありません。

大人と同じように食べられるようになるのは、3才からと覚えておきましょう。

消化器官や歯が安定して、大抵のものは食べられるようになります。食物アレルギーの反応も、おだやかになります。

刺身や生クリームのケーキもOKになります。

しかし、例外もあります!

おせちや年末に出されるメニューの定番、

そば、えび、かに、数の子やいくらなど魚卵には注意が必要です。

激しいアレルギー反応が出やすいからです。

どうしても、という場合はごくごく少量をためしてから、様子を見て、変わりないようなら少しずつ、というステップをとりましょう。

そして、おもちですが、これも3才以降であっても注意が必要です。

のどにつまりやすいので、かなり細かく切ってあげます。3才以降であれば1センチ四方くらいにすれば大丈夫でしょう。

無難なのは、もちなしお雑煮

となると、1才代は何が食べられるの?と思いますがおすすめは

もちなしお雑煮です。

野菜がやわらかく煮てある汁物は、子供にぴったりのメニュー。小さく切ったおもちを入れてもいいですが、入れない方が無難です。

おもちのかわりにうどんを入れてあげるのもいいですね。

ほかには手作りの筑前煮もおすすめです。

市販のものは味が濃いので避けたほうがベター。また、のどにつまりやすいこんにゃく、かたいごぼうれんこんは薄く切ったり小さくしてあげるといいですね。

なのでとりあえず、子どもにはお雑煮と筑前煮を与えておけばOK!

野菜たっぷりで栄養バランスもばっちりです♪

定番おせちのアレンジテク

次に、定番おせちでもひと手間加えれば食べられるものを紹介します。

市販のものは塩分や糖分が多いのでさっとゆでてあげると安心です。

栗きんとん

市販のものは糖分が強すぎるものも。あんをお湯かミルク、牛乳でのばしてあげるといいですね。

手作りする場合は、さつまいものマッシュと栗をあえたものをあげるといいですよ。

伊達巻

市販のものは、かなり糖分が強いものも。

卵とはんぺんで意外と簡単に作れますから、甘味をおさえた伊達巻を手作りできれば、してあげるといいですね。ひと手間、ではないのでそこまでして与えなくてもいいと思いますが…。

かまぼこ、ちくわ

市販のものは塩気が強いので、さっとゆでて塩抜きしましょう。

ハム、焼き豚

市販のものは塩気が強いので、さっとゆでて塩抜きしましょう。

黒豆

手作りで薄味ならそのままでも大丈夫ですが、心配なら少しつぶしてからあげるといいでしょう。

市販のものは糖分が強いものもあるのも、これもさっとゆでるといいですね。

田作り

そのままでも大丈夫。ただし、少し苦味があるので嫌がる子も多いです。

なます

一般的に酢の物は、子どもは苦手とされています。

でも、少し食べさせて気に入った様子なら、食べやすい大きさにして食べさせてあげてもいいですね。

 まとめ

たべ

 

いかがでしたか?

離乳食完了期を過ぎると、いろいろ食べさせてあげたくなりますが、3才ごろまでは、まだまだ注意が必要な時期です。

とはいえ、いろいろな食材を経験させることも大切!なので、子供の様子を見ながら、進めていきましょう!

やわらかいものばかり食べさせたばっかりに、あごが育たないという問題も出てきていますからね。

おいしいおせちを家族で一緒に楽しんで、素敵なお正月に♪

関連記事

ピックアップ!

B型ベビーカー

2014.12.23

「軽くて段差もスイスイ!」7ヶ月過ぎたら使いたい5つの人気B型ベビーカー

B型のベビーカーはA型とくらべいろいろありすぎて色々と調べていくと訳が分からなくなってくるというお母さんはとても多いです。 ★調べてみ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る