簡単な材料で安く手作り お金をかけず簡単に。赤ちゃんが喜ぶ手作りおもちゃ

おもちゃ
高いおもちゃと飽きるまでの時間は反比例。そんな風に感じるのは私だけじゃないはず

赤ちゃんはあっという間に大きくなります。
その月齢に合ったおもちゃを買い与えても、すぐに興味をなくしてもったいない!

そんなときは、簡単な材料で安く手作りするに限ります。

ということで・・・家にあるもので簡単に作ろう!

Twitterなんかでもたくさんのママさんがつぶやいていますが何千円もする高価なおもちゃよりもスーパーのビニール袋なんかのほうが効果があるようで…

1.ペットボトルでガラガラ

ペットボトルを2つ用意します。
中に少し大きめのビーズを入れ、飲み口同士をビニールテープでつなぐだけ。
これで、ペットボトルガラガラのできあがりです!

ヤクルトの容器で作れば、月齢の小さい赤ちゃんでも持つことができます。

中にビーズを入れるので、飲み口をしっかり貼り付けて、誤飲には気をつけましょう。

カラフルなビーズで作るときれいですよ。

2.タオルとレジ袋でガサガサ

赤ちゃんはレジ袋の音が大好き。
でも、そのままでは窒息の危険があるので、ちょっと工夫をしましょう。

レジ袋を適当な大きさに切り、それを同じ大きさのタオル地でくるみ、回りをぐるりと縫うだけ。
こうすれば、誤飲の危険もなく、ガサガサ音が楽しめます。

3.ティッシュケース

赤ちゃんは、目を離すとすぐにティッシュを出してしまいます。
本人は楽しいかもしれないけれど、もったいないし散らかるからやめて欲しい!

そこで、ティッシュの空き箱に、ハンカチや薄い布を入れてみましょう。
ティッシュと同じ畳み方にすれば、次々と出てきて面白いですよ。

長い布を折り畳んで入れても、次々引き出せて楽しいです。

100円ショップの商品で安上がりおもちゃ

作るのが面倒な時は、買ってきたものを遊び道具として使ってしまいましょう。

1.プラスチックコップ遊び

持ち手のないコップを複数買って、おもちゃにしてしまいましょう。
大きさの違うものを揃えれば、積み重ねたり入れ子にしたり、いろいろな遊び方ができます。

コップの中に隠したおもちゃを探したり、ままごとをしたり、遊び方は無限に広がります。
おもちゃとしての役割が終わったら、コップとして使えるのでムダになりません。

2.しゃもじ

表面に突起がついているしゃもじは、赤ちゃんのおもちゃにぴったり。
舐めても楽しいし、突起のボツボツしたところを棒でこすれば、楽器にも早変わり。
ボールを叩いてラケット代わりにも。
オールマイティーのおもちゃになります。

まとめ

いかがでしたか?
どれも安上がりで簡単に作れるおもちゃばかり。
しかも、赤ちゃんの食いつきもいいんですよ。
ぜひ、試してみてくださいね。

0歳児の手作りおもちゃはこちらも参考にしてください:
オモチャにすぐに飽きる0歳児-買わずに自宅でできるオモチャの作り方

関連記事

ピックアップ!

エルゴ抱っこ紐

2014.12.26

【特集】「これが欲しかった!」抱っこがらく~にできる「エルゴ」の7つの魅力

赤ちゃんの抱っこ、特に首が座った後からあんよがちゃんとできるまでの間って、抱っこの頻度がハンパじゃないですよね。段々とずっしり重くなる赤ちゃ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る