[2才のイヤイヤ]いつまで続く?接し方は?乗り切りポイント3つ

赤ちゃんの泣き声

「イヤイヤ期」という育児用語、ご存知ですか?

今まではお友達とトラブルがなかったのに、急におもちゃを取り合ったり、泣かせてしまったり。

はたまた、「ごはんだよ」→「イヤ」。「おふろだよ」→「イヤ」。「おうち帰るよ」→「イヤ」。

なんでもイヤイヤ。

そう、これが俗にいう「イヤイヤ期」

今まではママのいうなり、されるがままだったのが、自分の意思が出てきて、なんでもイヤイヤになってしまう時期なのです。

でも、これは赤ちゃんから子どもへ移る1才後半~2才代に見られる成長のあかし

だれもが通る道、なのですが、この時期は働いていなければ預け先もなく、1日中二人っきり、というご家庭も多いですね。

「お友達とトラブルばかり」

「なんでもイヤイヤでイライラしてしまう」

「この時期はいつまで続くの?」

と悩みはつきませんが、3つのポイントを知るだけでも、気持ちが軽くなるはずです。

次から、その3つのポイントをご紹介します。

頭ごなしにしかるのは逆効果

いろいろ手に負えないことが出てくると、「しつけなくては」と思いますよね。

そう、しつけなくてはいけないのですが、ここでポイントがひとつ。

感情的に怒りをぶつけたり、脅したりするのはダメ

ということです。

なぜか?

なぜなら、この時期の子供はママがこわい顔をしたり大きい声をあげる様子がとにかくこわくて、

何がいけなかったことよりも、とにかく恐怖心しか残らないというのです。

なので、1歳半~2歳の子供のしつけは、冷静&笑顔が基本と心得ましょう。

ガミガミ怒って効果があるのは、まだまだ先の段階なのですね。

子供の気持ちに共感してあげよう

泣き止まない

怒らない、というポイントの次は「子供の気持ちに共感する」ということ。

たとえば、子供が友達のおもちゃを奪って泣かせてしまったとします。そのとき、

「こら!何しているの!」というありがちな叱り言葉は、この時期のしつけとしては効果が薄いのです。

まず、する声掛けは「このおもちゃ、使いたかったの?」と子供の気持ちに共感すること。

ここで共感することで、ママの言葉を素直に受け入れることができるといいます。

このステップを踏んだうえで、

「このおもちゃ、使いたかったんだよね。でも、これは〇〇ちゃんのおもちゃだよ。だから、使いたいときは貸して、って一言言わないといけないよね」。

と諭してみましょう。

ガミガミ頭ごなしにしかるより、聞いてくれると思いませんか?

あ、それと必ず相手のママとお子さんには「ごめんなさいね」と謝罪の言葉をかけてくださいね!

幼稚園入園までふんばろう!

イヤイヤ期のしつけの基本はわかっていただけましたか?

でも、これっていつまで続くの?というのが本音ではないでしょうか。

当たり前ですが、イヤイヤ期は長く続きません!

2才代がピークとされていますが、幼稚園入園のころにはおさまってきます

それに、幼稚園に行ってくれれば、イヤイヤされても1日の半分ですむのですから、ママの負担はだいぶ減りますよね(笑)。

1歳代後半から2歳代は、とくにイヤイヤが激しい場合はママにとって精神的につらい時期ではあります。

でも、幼稚園に入れば、ほぼ卒業!

もう少しの辛抱、と思ってふんばってみてください。

まとめ

以上がイヤイヤ期のしつけの基本です。

ちなみに、裏ワザとして、イヤイヤには「気分をそらす」ことも効果的です。

たとえば、歯を磨くのがイヤだとします。

そんなときは、「じゃあ絵本を読んだら歯を磨こうかあ」と、お楽しみを用意するのです。

「今はそれをしたくない」という子供のこだわりと、「これをしてほしい」という大人のこだわりをぶつけ合ってはダメなんです。

こだわりがぶつかりそうになったら、一度別の行動に出ることをおすすめします。

そしてそのとき、2歳代が大好きなキャラものを味方につけてみてください!

「プ〇キュアが一緒におふろ入ろうって!」「トー〇スも歯を磨いているよ」など、大好きキャラを巻き込むのも効果的ですよ。

基本ワザと合わせて、活用してみてくださいね★