ふにゃふにゃで逃げ回る赤ちゃん。どうやってお洋服を着せたらいいの?

赤ちゃんの服の着せ方
赤ちゃんの服の着せ方がいまいち分からない

赤ちゃんにお洋服を着せるのは、慣れていないと手間取ってしまいます。
特に、まだ首の据わっていない産まれたての赤ちゃんはふにゃふにゃしているし
ハイハイ期の赤ちゃんは、逃げ回って少しもじっとしていてくれません。

そんなふにゃふにゃ赤ちゃんや逃げ回る赤ちゃんに、上手に服を着せるコツをお教えします。

■首が据わる前の赤ちゃんの服の着せ方

1.服は前あきの物を準備

ドレスオール、プレオール、カバーオール、ツーウェイオールなど、いろいろなものがありますが、前にボタンがついたものを用意しましょう。
肌着も、前でひもで止めるタイプが便利です。

2.肌着と服を重ねておく

肌着と服を重ね、袖も最初から通しておきます。

3.重ねた服の上に赤ちゃんを置く

4.袖を通す

重ねた袖をくしゅくしゅっと短くし、赤ちゃんの手を持ってそっと通します。
手首まで通ったら、手と服の袖をゆっくり引いて袖を通しましょう。
袖が長いまま着せようとすると、指や爪が袖に引っ掛かってうまく着せられません。
中で肌着がぐちゃぐちゃになっていないか、チェックしてあげてくださいね。

5.前のひもやボタンを留めて、完成

■ハイハイ赤ちゃんの服の着せ方

1.上下セパレートの服を用意

この時期の赤ちゃんは動きが激しいので、上下セパレートになった服が便利です。
ただ、ハイハイしているときにお腹が出てしまうのを防ぐため、下着は上下つながったロンパースがいいでしょう。
うちの子も、2歳くらいまでは、ロンパースでした。

トップスは、肩にホックがついているものが便利。
うちは、ホックがついていないものを購入して失敗しました。
なかなか首が通らなくて赤ちゃんが嫌がるし、首元が伸びてしまってあっという間に使えなくなりました。

2.赤ちゃんが何かに熱中している時、寝転んでいるときを狙う

ママが着替えさせようとしているのを察知して、赤ちゃんは逃げ出します。お座りして遊びに熱中している時や、寝転んでいるときにさっと着替えさせましょう。

3.てばやく服をかぶせる

視界を遮られると、赤ちゃんはとても嫌がります。
とりあえず、首だけをすばやくかぶせて、視界を遮らないようにしましょう。

4.袖を短くして手を通す

首の据わっていない赤ちゃんと同様、袖をくしゅくしゅっと短くして、手を通します。
赤ちゃんがおもちゃを持っている時などは、さりげなく反対の手に持ちかえさせて、遊びの邪魔をしないようにしましょう。
遊びを中断されると、赤ちゃんは嫌がって暴れます(笑)

5.ズボンはチャンスがあった時に

仰向けに寝かせて、ズボンをはかせます。
素直にはかせてくれる時もあれば、逃げ回ってはかせてくれないことも……。
もし、上手にはかせられなくても、家の中ならズボンははかなくてもOK、と割り切りましょう。
うちの子も、下はおむつ状態で過ごすことも多かったです(笑)

おむつ替えをした時など、チャンスがあったときにはかせてあげましょう。

まとめ

上手にお着替えはできましたか?
暴れたり逃げたり、赤ちゃんのお着替えは大変。
でも、逃げられても怒ったりせず、「赤ちゃんと遊ぶチャンス」と思って、付き合ってあげてくださいね。
親子でキャーキャー笑って鬼ごっこをした後なら、赤ちゃんも満足してお着替えさせてくれるはずです。

関連記事

ピックアップ!

チャギントン

2014.5.2

【これで完璧】車内で長時間子どもを退屈させないためのYouTube動画まとめ

GWの長距離移動は子供が喜ぶ動画をお供に! 大型連休といえば、楽しい楽しい、家族旅行ですね! みなさん、旅行の準備はお済でしょうけど、移…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る