キッチンは赤ちゃんにとって危険がいっぱい!! 気を付けるポイント6つと対処法

キッチン
母親にとって行ってほしくないところにしか行かない…それが子供

ついこの間まで、寝ていただけの赤ちゃん。
ハイハイができるようになると、パパママも赤ちゃんも、とっても嬉しいですよね。

でも。
この時期の赤ちゃんは、見るものすべてに興味深々。
時には危険なものに近付いてしまい、ギョッとすることも。

特に、ママがしょっちゅう出入りするキッチンは、危険な魅力に溢れています。
うちの子たちも、しょっちゅうキッチンに忍び込んでいました。

「子供、危うきにしか近寄らず…」

キッチンで気を付けるべきポイントをチェックしましょう。

こんなところが危険! キッチンのチェックポイント6つとその対処法

1.包丁などの刃物

包丁やキッチンばさみは、低いところに収納することが多いですよね。
私の友人のところも、気づいたら赤ちゃんがキッチンバサミを舐めていた、なんてことがあったそうです。おそろしい!

不便ですが、刃物の収納場所を高いところにかえるか、グッズを使って扉をロックしましょう。

つかまり立ちをし始めると、調理中の包丁をつかんでしまうことも。
調理中包丁を置くときは、調理台の奥のほうに、柄を台の端に対して平行に置くよう、心がけましょう。

2.鍋・フライパン

赤ちゃんが柄の部分をつかもうとして、鍋をひっくり返すことも。
大火傷をしたら大変です。

鍋やフライパンの柄がコンロからはみ出さないよう、横向きにしましょう。
こうすることで、ママの服に柄が引っかかるという事故も防げます。

3.電気ポット

お湯を沸かしているときに、コードを引っ張って落としたりしたら、火傷の危険が。
コードが床を這わないよう、配線に工夫を。

4.陶器・ガラス

ワレモノも、赤ちゃんの手の届くところに置かないようにしましょう。
扉つきの高い棚にしまうといいですね。
ただし、食器棚の引き出しを足場にして、高いところに上ることがあるので、気をつけて! うちの子もやりました!

5.食品のストック

引き出しやパントリーから、勝手に食品を出してしまうことも……。
床がマヨネーズまみれ、くらいなら笑い話ですみますが、ワサビや唐辛子を食べてしまったり、大きな飴を喉につまらせたら怖いですよね。
誤飲しやすいものは、手の届かない場所に隠しておきましょう。

6.電気レンジ

目を離したすきに、赤ちゃんがおもちゃを放り込んでチンしてしまうこと、多いんです!
うちも、金属製のおもちゃをチンしかけ、ヒヤリとしたことがありました(汗)
レンジも赤ちゃんの手の届かない所に置いて、蓋や扉はきちんと閉めておきましょう。

キッチンに近づけないようにする方法

1.ベビーゲートをつける

ベビーゲートをつけると、一気に心配事が解消します。
うちは、金属製のものをつけていました。

2.人工芝を敷く

「ハイハイ時期のお子さんに有効」

昔、テレビでやっていた裏技です。
人工芝を、入って欲しくない場所に敷いておくと、痛がってハイハイできず諦めます。
赤ちゃんが痛みに慣れて効き目が無くなってきたら、裏返しに。表面より痛いので効果UPです。

まとめ

いろいろと対策法はありますが、ゲートや人工芝を敷いたからといって、油断してはいけません。
赤ちゃんは日々成長しているので、今日できなかったことが、明日にはあっさりできるようになっているかもしれないのです。

一番大切なのは、赤ちゃんから目を話さないこと。
しっかり我が子の行動を見守って、危険から守ってあげましょう。

関連記事

ピックアップ!

A型ベビーカー

2014.12.23

「安全性も高くて静か!」アマゾンでも買える5つの人気A型ベビーカー

A型ベビーカーの特徴はなんといってもその安定感と心地よさにあります。 外出先で赤ちゃんが寝てしまったらそのまま車に乗せてあげて自宅に帰宅。…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る