【実は簡単!】2・3才の子供に時計の読み方の覚えさせる4つのステップ

時計の読み方を覚えさせるステップ
時間が理解できるようになると会話の幅が一気に広がります

子供とお話をする上で大切なのは時間。
「○○時になったら帰るよ!」とか
「○○時までに寝なさい。」など。

でも子供は『は?』って感じ。
時間が分からないからママが凄く急いでたり焦っていても、
子供は無関心なのかもしれません。

「急がなきゃ!」って気持ちにさせる為にも、生活リズムを分からせる為にも
時計が読めるようになる事はやはり大切です。

「長い針が6になったらねー」みたいな言い方をしてしまいがちですが、
子供は教えたら大人が思ってる以上にすぐに理解してくれます。
まだ小さいから無理だと決めつけずに時計の読み方を教えてみましょう。

1. まず、短い針と長い針の存在を教えよう★

掛け時計などの大きな時計を子供の目の前に持って来て、
短い針と長い針の区別をしっかりつけさせましょう。

「短い針どっちだ?!」「長い針どっちだ?!」などと
クイズ形式にして、家の色んな時計を見せて覚えさせましょう。
初日はこれで終わります。

2. そして短い針の事について教えよう★

次の日は短い針の事だけを教えます。
短い針が「5」を指してたら5時だよ。
という感じで12時まで教えましょう。

時計の針をちゃんと回しながら教えてあげて下さいね。
その時、長い針は必ず12の所に合わせておきましょう。

3. 長い針で『12』と『6』だけを教えよう★

次の日は『12』と『6』だけ教えます。

「長い針が12の時は『ちょうど』
6の時は『半』だよ!!」と教えます。

子供はもう短い針の事は分かるので例えば短い針を3、
長い針を12に合わせます。

「これは何?」
「短い針が3だから?」とママが言うと「3時!!」と答えます。
一度そこで褒めてあげて下さい。
そして「長い針が12だから?」というと「ちょうど!!」と答えてくれます。
ここでもっと褒めてあげて下さい。

「そうだね!!だ・か・ら・『3時ちょうど』だね☆」というと子供は
そう言う事か!と理解してくれます。

いくつか同じ問題を出して今度は『半』のクイズも出しましょう。
最後に『半』は『30分』と同じだよ!と教えてあげて下さい。

4. 【1日5分だけ】1日1つずつ教えよう★

一度今までのおさらいをして下さい。
そしてまた更にその次の日から教えていきます。

でも1日1つです。
「1は5分」これだけ。
1日何度も「長い針が1は?何だった?」と聞いて
「5分」と答えたらその度に褒めましょう。

最後はやはり褒めてあげて自信をつけさせる

パパが帰って来たら「パパに教えてあげて!」と言って自信を持たせましょう。
毎日1つずつ覚えさせていって下さい。

たまにおさらいもしましょうね。
1か月か2カ月でしっかり時計が読めるようになりますよ。

焦って1日で教え込もうとしない事が大切です。
子供がイヤにならない様に気を付けて教えて下さいね。

関連記事

ピックアップ!

B型ベビーカー

2014.12.23

「軽くて段差もスイスイ!」7ヶ月過ぎたら使いたい5つの人気B型ベビーカー

B型のベビーカーはA型とくらべいろいろありすぎて色々と調べていくと訳が分からなくなってくるというお母さんはとても多いです。 ★調べてみ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る