育児漬けで家事ができないイライラを解消する「発想の転換」!

新生児で大変だったこと

いつもキレイに整えられた部屋、手間ひまかけて作られた料理、アイロンがピンとかかった衣類……。

どれもきちんとできたら、主婦としては気持ちいい!ですよね。

出産前は可能だった「完ぺき家事」も、子どもがいるとなると一変。

夜の授乳、夜泣き、後追い、イヤイヤなどこれでもかと子供は家事を「じゃま」しますね。

「家事ができない!」という真面目なママの悩みは永遠です。

部屋がいつも散らかっている…

掃除まで手が回らず、汚れている…

大した夕飯がつくれない…

そんなお悩みを持つママに、今回は家事テクではなく、家事が進まなくてもイライラしない考え方を提案したいと思います!

家事より大切なのは「ママの笑顔」

母として、主婦として、「いつもキレイな部屋で過ごさせてあげたい」「栄養満点でおいしい食事を作ってあげたい」という気持ちはだれもが持っています。

でも、その理想が達成されないことでイライラしてしまうのは子供にとってマイナスです。

なぜなら、子どもにとっていちばんうれしく、必要なのはママの笑顔だから。

ちょっと部屋が散らかっていたり、食卓に惣菜が並ぶ日があったりしても、ママがにこにこ、ハッピーでいてくれることが、子どもにとってはいちばん幸せなこと、ですよね?

笑顔でいられるためには何を優先するか考えよう

426a485dd1809039bc146cf0107cbfca_s

では、あなたが笑顔でいられるために必要な家事を整理していきましょう!

まず、家事を「炊事」「洗濯」「掃除」に分けます。

このうち、負担が大きいのはやはり「炊事」「掃除」なのではないでしょうか。

この「炊事」「掃除」の理想のハードルを少し低くするだけで、家事ができないことへのイライラは大幅に軽減されます!

まず炊事ですが、惣菜や冷凍食品、インスタント食品などを活用する日を週1日は作りましょう。

これが多すぎると逆にストレスになるので、「ここまでならOK」という基準をつくりましょう。

今や惣菜もインスタントもすばらしい品ぞろえです。活用しない手はありません!

次に掃除ですが、部屋が「汚れている」「散らかっている」どちらにストレスを感じますか?

本来なら、片付けと掃除はセットなのですが、部屋が「散らかっている」と、掃除をする気にもなれないのではないでしょうか…。

なので、たとえば掃除は1日おきくらいにして、「片付け」に集中していはいかがでしょうか。

部屋がきれいに片付いていると、ほこりが気になって掃除したくなるはずです。

部屋をきれいに保つには掃除よりも「片付け」に力を注ぐことをおすすめします。

先輩ママの手抜き例

では、ほかのママはどんなふうに家事と育児をやりくりしているのでしょうか?

そこで、家事を上手に手抜きしているハッピーママさんの体験をいくつか紹介します。

 

コツは
【必ずやらなければいけないこと。】
【少し、手抜きしても良いこと。】
【どっぷり手抜きをして、放置プレー。】
の3つに分類分けしていました。

 

年子で子供二人いて大変な毎日。
上の子が魔の2歳児でイライラすることも多く精神的にやられることも。

そんなときは全部を完璧にしません。
今日は洗濯も掃除もしない、子どもと遊んでご飯作るだけ。
今日は洗濯、掃除するけどご飯はお惣菜。
今日は子供を実家に預け1時間だけひとりで買い物してお茶飲んでこよう。

1週間ですべて完璧にする日は少ないです。
子育てだけはなかなか手を抜けられませんので、それ以外でしっかり手抜きしています。

さすが!という感じですよね。2つの例とも、パパが早朝出勤、深夜帰りでまったく家事育児のサポートは期待できないご家庭です。

「育児と家事の両立」はそもそもムリ、目指さなくてもいいということがわかっていただけましたか?

まとめ

いかがでしたか?真面目なママほど抱えることが多い家事の悩み。

子どもにとって大事なのは、完ぺきな家事をこなすことより自分が笑顔でいることなんだ、と言い聞かせて毎日をハッピーに過ごしてくださいね★

 

 

関連記事

ピックアップ!

A型ベビーカー

2014.12.23

「安全性も高くて静か!」アマゾンでも買える5つの人気A型ベビーカー

A型ベビーカーの特徴はなんといってもその安定感と心地よさにあります。 外出先で赤ちゃんが寝てしまったらそのまま車に乗せてあげて自宅に帰宅。…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る