願書受付直前!幼稚園選びの[裏]最終チェックポイント5つ

ab790a8daac71a847b41d7e9bc184d2d_s

11月初旬は幼稚園の入園願書受け付けのピーク。すでに、入園説明会をいくつか受け、そろそろ園を絞り込んでいるころでしょうか。

そんなあなたにチェックしてほしいのが、「幼稚園選びの最終ポイント」。

ぶっちゃけ、私は幼稚園選びを失敗した!と思うことが多く、そんな失敗談をみなさんの賢い選択に役立てていただきたいと思います。

そして、説明会では見えてこない、その幼稚園の本性を見抜くポイントを紹介します!

1)中堅どころの先生がいるか?

説明会に、スタッフ全員が集合して紹介、ということはあまりありませんね。でも、どんな先生が子供を見てくれるのか知っておくことはとても大事。

そのときチェックしておきたいのは、先生の年齢層です。

「ベテランの先生は話しにくそう、若い先生がいいな」と思う気持ちはわかるのですが、新人みたいは若い先生ばかりの園は要注意です。

なぜなら、新人の先生は安い給料でこき使えます。そして、若い先生ばかりがいるというのは、スタッフが定着しないという証拠だからです。

スタッフが働きにくい園はとはつまり、先生にもゆとりがなく、子どもに対してもゆとりのある保育ができにくいと言えるでしょう。

2)プールはあるか?

なぜプール限定?と思われるかもしれませんが、園内にプールがなくとも、園外活動で水泳があればOKです。

現在、小学校の水泳の授業の内容は水泳を習っていることが前提のように見えます。水泳の基本をじっくり教える余裕はなく、それなのにテストばかりします。

入学前にある程度泳げておくことは、今や常識のように思えます。なので、プール活動に積極的な園は、就学後の生活まで考えた保育をしていただける可能性大です。

ちなみに認可保育園はプールを備えているところがほとんどです。保育園では、夏場はほぼ毎日プールで水遊びをしていました。水泳指導はなくても、プールで遊ぶことに慣れているだけでも、全然違うと思います。

英語や体操など課外教室を重視される方も多いと思いますが、私はこれらはあってもいいしなくてもいいと考えます。

なぜなら、必要なら習い事として通わせるので十分だからです。

でも、プールでの水泳は就学後に今や必須ですから、これだけはあってほしいと思うのです。

保育園・幼稚園

3)送迎時に園の中に入れるか?

幼稚園の中には、園に簡単に入れない雰囲気のところがあります。

それこそは要注意です。

送迎時に園の様子を見ることは、子どもを知るうえで大切なこと。

ふだんの制作物が見られたり、庭で遊ぶ子供たちを見て、うちの子はあの子たち仲がいいんだ、とわかったり。ふだんの様子をオープンにしている園は信用がおけます。

もちろん、セキュリティ対策をきちんとしているかということも大切なのですが、意外にこの「送迎時のシステム」は、その園の方向性がわかるものだと思います。

これも、説明会ではなかなか触れないところだと思いますので、確認できていない方は、問い合わせてみましょう。

4)親の出番が多いか少ないか?

運動会、夕涼み会、遠足などなど…親の出番が少ない園と、多い園があります。

これも、どれだけ親が参加するのか確認しておきましょう。

親の出番が少なくていいと、一見ラクでいいなあと思うかもしれません。

しかし、親の出番が少ない園というのは、前出と共通しますが、あまり園の中を保護者に見てほしくない、という園が多いです。

親が参加すると、ふだんの保育が見られてしまいますよね。ある意味、それはクレームやトラブルの種ともなりうるのです。

逆に、親の出番が多い園は、いつでも来てください、というオープンなスタイルなのではないでしょうか。

親の出番が多いのは大変、ですが、じつは信頼のおける園かもしれません。

5)家族経営ではないか?

幼稚園は圧倒的に私立が多いのが現状。園長の一存ですべてが決まるという園も少なくありません。

そんな中、要注意なのが家族経営の幼稚園です。

園長が経営者であり、副園長がきょうだいや子ども、というパターンは正直、おすすめできません。

なぜなら、家族経営の場合トップはワンマン(わがまま)になりがちで、他人のスタッフは往々にして働きにくいのです。

言いたいことを言える、という雰囲気ではなく、上下関係がはっきりしている、体育会系のような雰囲気になりがちです。それはスタッフ間だけでなく保護者にとっても「カリスマ」的な存在になっている園長も少なくありません。

ですから、園長がワンマンタイプなのか、バランスタイプなのか、はとても大きなポイント。

求めているのはワンマンタイプについていきたいのか、一緒に考えてもらえるバランスタイプなのか。ぜひ、在園生や卒園生のママに園長のタイプを聞いてみるといいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?

結論からいうと、説明会だけや見学会だけでどんな幼稚園なのか判断するのはかなり難しい、ということです。聞きたいことは電話でも直接でもきちんと質問し、さらには在園生や卒園生のママに園の特徴を聞ければベストです。

大切なお子さんの、大切な数年間を過ごす場所です…じっくり選んであげたいですね!

関連記事

ピックアップ!

B型ベビーカー

2014.12.23

「軽くて段差もスイスイ!」7ヶ月過ぎたら使いたい5つの人気B型ベビーカー

B型のベビーカーはA型とくらべいろいろありすぎて色々と調べていくと訳が分からなくなってくるというお母さんはとても多いです。 ★調べてみ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る