【産後の体の痛み】取り返しの付かないことにならないようにじっくりと休養を!

出産後の体はボロボロ
産後の体は想像以上にボロボロ。ここで無理をしてしまうと後々後悔してしまうことになりますよ

綺麗でいたい。
早くもとの体重に戻りたい。
しっかりとお肌のケアをしたい。
いつも綺麗に化粧していたい。
それらは置いておいて産後は焦らずに、ゆっくり過ごしてください。

この時期に休息を取らずに無理をすると体の痛みなどが半年以上続くことがあります。

産後はゆっくり

産後、すぐに体が元に戻っているとは決して思わないで下さい。
元に戻ってないのに、頼る人がいないからと張り切っていつもどおりの家事と育児をこなすのは無理と思いましょう。

無理をすると、年をとった時に来ると言いますよね。
この時期に無理をすると年を取ったときに子宮が下がって出てくるようになったりします。

【体験談】私が産後無理して後悔してしまったこと

私は腱鞘炎になりました。
しかもそれまでに何回かなっていましたが、それよりもかなり酷く両手首が激痛でした。
息を吸っても足の先にまで激痛が走るようにまでなりました。
腱鞘炎はステロイドを注射するしか痛みを取る方法がありません。
シップも効かないのです。
手を休める事は出来ません。少しでも安め、子供の世話の為に手を休めて下さい。

注射を打つことで解決したけれど…

接骨院に子供を連れて行きました。
もちろん、事前に電話確認してバウンサーを持って行きそこに乗せてました。
しかし接骨院でも治らず、結局整形外科に注射を打ちに行きました。
注射を打つとしばらくは断乳しなければいけないので、搾乳して捨てなければなりません。
それよりも痛かったのです。

【その他】産後に覚悟しておきたいこと

貧血を起こします。

出産で失った血液は1リッターから2リッターが標準です。

それが補われていないのに無理すると倒れます。
意識が飛んでしまうので非常に危険ですので、鉄分を取り無理しないようにしましょう。

頭痛

ホルモンバランスが急激に変わるので身体に不調が出ます。
私は頭痛でした。

頭痛薬を飲むとこれも搾乳して捨てなければなりません。
しかも、妊娠中、授乳中でも飲める頭痛薬はあんまり効かないのです。

栄養ドリンク

栄養ドリンクは確かによく効きます。
しかし妊娠中や授乳中には飲んではいけない栄養ドリンクがあります。
栄養素の中に、胎児に影響が出てしまうものもありますので薬剤師に聞いてから買いましょう。

薬をストックしておこう

妊娠前とはまた違う症状が出てくるのが産後です。
急に痛くなったりしても薬をすぐに買いに行く事は出来ないし、買いに行くのも大変です。
予めある程度の薬をストックしておく事をお勧めします。

出産前は授乳するし飲まないだろうと思っていても、
「どうしても頭が痛くてロキソニンが飲みたい!」
と言う事が出てくる事もあります。
キツイ薬も念のために買っておきましょう。
倒れるわけにはいきません。

関連記事

ピックアップ!

おむつは「パンツ」か「テープ」どっち?

2014.12.29

おむつはテープ式、パンツ式どっち?3つのメリット・デメリット&3つの便利でお得な使い方

紙おむつにはテープ式とパンツ式の二種類があります。最初のお子さんの場合、最初はテープ式を使って大きくなってきたらパンツ式に移行するのかなぁく…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る