これが私の体重?信じられない体重になってしまった時でもモチベーションを失わない方法

産後BEAUTY 体型くずれ・肌荒れなど
産後のトラブル・エピソード

出産後の悩み
私は長身のやや痩せぎみの体型だったのですが、出産時にプラス15キロで、退院時にはプラス7キロになっていました。つまり妊娠前のからだから7キロも脂肪がついたのですから、顔も二の腕もパンパン、おなかやお尻は2周りほど大きくなってるように見えました。人生で見たことのない体重、そして体型になってしまい愕然としました。

自分にとって辛かったことは何ですか?

悩み・マイナスポイント
当然妊娠前の服は着れず、出産したのに妊娠中の服を着るしかなかったです。そこで妊娠前と同じサイズの新しい服を買って、それを原動力にダイエットに励むことにしました。そして食事制限と軽い運動で3ヶ月かけてもとの体重戻しました。顔もすっきりとし、お腹も平らになり、ワンピースやスカートも履けるようになりました。ところがジーパンを履いたところ、チャックが閉まらないのです。ダイエット前はお尻も入らなかったので痩せてはいるんでしょうが、なぜチャックが閉まらないのか。そうです、骨盤です。体重はもとに戻っても、開ききった骨盤までは戻っていなかったのです。骨盤ベルトは毎日つけていたのですが、戻らなかったようです。せっかくがんばって痩せたのに、大好きなジーパンが履けないのはとても悲しかったです。

解決・改善するためにやったしたこと

解決・ポイント
1、まず体重を落とすために食事制限をしました。といっても産後のからだを回復させるために栄養も取らなければなりません。私はミルクで育てていたので、お米をたくさん摂取する必要がなかったので、ご飯をお茶碗に半分だけにしました。その分煮物やサラダをたくさん取って、メインデッシュはお肉よりもお魚にしました。産後1、2ヶ月はとてもからだがしんどかったので主人につくってもらい、3ヶ月ころからは自分で作れるようになりました。夜中もミルクを3時間ごとにあげなきゃいけないので夜食を食べたいところですが、絶対に夜中は食べるのを我慢しました。
2、次に運動です。食事制限だけでも体重は落とせるのですが、赤ちゃんのために10ヶ月腹筋を使わないように生活してきたので、お腹の脂肪は触った事がないほど柔らかく自分でもびっくりしました。しかし、産後の体力のないからだでは激しい運動もできません。そこで赤ちゃんが泣いているときに抱っこしてスクワット、少し赤ちゃんの首がしっかりしてきたら、赤ちゃんを前抱きにして腹筋をしました。あとは疲れていない日には赤ちゃんがお昼寝している隙にエクササイズのDVDで30分ほど汗を流すようにしました。それで3ヶ月で7キロ落とせました。
3、体重が戻っても、骨盤は戻りませんでした。骨盤ベルトは付けていたのですが、あと少しジーパンのチャックが閉まるにはもっと強力な骨盤ベルトが必要だと思い、幅広なベルトを購入し、強めに巻き付けるようにしました。それを続けて1ヶ月、出産から4ヶ月後、ようやく妊娠前の全てのズボンが履けるようになりました。

【メッセージ】今、悩んでいる人に伝えたいこと

メッセージ

その後の生活の変化・現状について

痩せて体型も元に戻ったことにより、妊娠中我慢していたおしゃれが出来るようになって気持ちが明るくなり、子供を連れて外出するのも楽しくなりました。
「継続は力なり」ちょっとしたことでも毎日続ければきっと成果になって表われます。

関連記事

ピックアップ!

育児中のペディキュア

2014.5.8

【産後のネイル解禁はいつから?】子どもが1歳になればまずはペディキュアから再開

知ってますか ? ご褒美ネイル 育児中にネイルなんて・・・でも脚なら生活に支障はありません 温かくなってきて、空も木もキラキラ輝き始める…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る