【出産、育児疲れで老けたとき】家族に上手に甘えて若さを取り戻す!

産後BEAUTY 体型くずれ・肌荒れなど
産後のトラブル・エピソード

出産後の悩み
授乳中は肌と髪の毛の荒れがひどかったです。まさに栄養不足という感じで、化粧水やトリートメントにこだわっても全く変化なしだったので、とても悲しかったです。一歳になり、断乳してからは体のたるみが気になりはじめ、ダイエットをしました。とくに、授乳中に癖になってしまった猫背のせいで余計にたるんで見えたと思います。

自分にとって辛かったことは何ですか?

悩み・マイナスポイント
私は28歳で子どもを産みました。子どもが10ヶ月になったあたりから児童センターなどに通うようになってショックを受けました。20人くらい居たお母さん達のなかでもかなりくたびれている方に入っていたからです。もっと年上のお母さん達もいっぱいいたのに…。なんというか、自分がとてもみすぼらしかったです。子育てがしんどいからといって女を捨ててはいけないのだと痛感しました。

解決・改善するためにやったしたこと

解決・ポイント
まずは出産前の頻度で美容院に行くようにしました。授乳が終わったので、だいぶ髪の毛もツヤがではじめたので、痛んでいた部分は思い切ってカットしました。
そして、外に行くときはメイクをちゃんとするようにしました。近所の買い物ぐらいではサボっていたのですが、そこを直しました。最後は姿勢に気をつけるようにしました。どうしても子どもといると背中が丸くなってしまうので、筋トレと骨盤体操を増やし、主人に小まめに姿勢について注意してもらえるように頼みました。あと、空いた時間にヨガもしています。

その後の生活の変化・現状について

子どもだけに目がいっていたのが、治ったように思います。ちゃんと周りも見れるようになったというか…。子どもが成長したということもあると思いますが、外出が楽しくなってきました。
また、主人もかなり褒めてくれるようになり、ケンカが減って話し合いで問題が解決できるようになりました。結果的に家族で過ごす時間が増えてきたので、子どもを見てもらい私だけの時間が気持ち良く取れるようになりました。
また、なにもしていないのにダイエットが成功し、妊娠前の服が着れるようになりました。

【メッセージ】今、悩んでいる人に伝えたいこと

メッセージ

絶対うまくいきます!と答えます。自分だけでできる部分の努力をした後はしっかり家族に頼るべきだと思います。育児だったり、ダイエットのモチベーションだったり。
私の場合はきっかけは猫背を注意してもらったことでしたが、主人の見ている前でキレイになる努力をしていると、だんだん協力的になってくれたのがよくわかりました。
自分だけ産後にみすぼらしくなってて恥ずかしかった、いまはどんな風に見える?というやり方は我が家ではとても合っていたと思います。キレイなお母さん・奥さんでいるには、自分も協力しなくちゃな、と主人に思わせることが大事だと思います。

関連記事

ピックアップ!

育児中のペディキュア

2014.5.8

【産後のネイル解禁はいつから?】子どもが1歳になればまずはペディキュアから再開

知ってますか ? ご褒美ネイル 育児中にネイルなんて・・・でも脚なら生活に支障はありません 温かくなってきて、空も木もキラキラ輝き始める…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る