【ベビーカー】両対面・バギータイプのメリットとデメリット

ベビーカー

 

赤ちゃんが生まれたら、なくてはならないのがベビーカー。
いざお店に行ってみたら、いろいろな種類のベビーカーがあってびっくり!

コンパクトなものもいいし、外国製のおしゃれなベビーカーも素敵だし、
どれにしようか、目移りしてしまいますよね。

自分にあったベビーカーはどんなものでしょう。

ベビーカーにはどんな種類があるの?

大きく分けて、

・両対面タイプ
・バギータイプ

の2種類があります。

これ以外にもチャイルドシートやベビーラックにもなる「マルチタイプ」
最近多くなってきた「三輪タイプ」のベビーカー等があります。

【両対面とバギー】ベビーカーのメリット デメリット

両対面タイプ

メリット

1.座面をフラットにして、生後すぐから使える
2.ハンドルの向きを変えられるので、赤ちゃんの顔を見ながら押せたり、
3.赤ちゃんに前を向かせて景色を見せながら押せる。
4.ハンドルがつながっているので、片手で押すことができる。

デメリット

1.車輪の動きが固定され、小回りが利きにくいことがある。
2.ハンドルの位置が低いので、背の高い人やパパは押しにくい。

バギータイプ

メリット

1.動きがスムーズ。
2.ハンドルの位置が高いので、背の高い人やパパでも押しやすい
3.安くて軽い簡易なバギーは、子どもが大きくなってからお出かけの時に便利。

デメリット

1.自立しないので、収納に不便。
2.腰が据わらないうちは使えない。
3.ハンドルが分かれているタイプは片手で押せないので、雨の日は不便。(傘がさせない)

生活タイプ別、ピッタリのベビーカー

1.日常的に車を使っている人

基本的にどのタイプの物でもいいですが、畳んで車のトランクに収納できるか、サイズを確かめましょう。

2.基本的に徒歩。近所でしか使わない人。

重くても丈夫で、赤ちゃんが乗りやすいもの。車輪が大きくしっかりしていて、振動が伝わりにくいもの。
通気性がよく、地面からの照り返しを反射する機能のあるもの。シートに下に、荷物がたくさん入るもの。
等、赤ちゃんの乗り心地を最優先して購入するとよいでしょう。

3.電車やバスに乗ることが多い。収納場所が狭い人

コンパクトで片手でも畳みやすく、畳んだ時に自立するものが最適です。
日本の住環境に合わせて作られているため、日本製がオススメ。
大きいもの、三輪タイプ、タイヤが大きいものなどは、公共交通機関で迷惑になってしまいます。

まとめ

うちは、両対面タイプの物を買い、腰が据わるまでは対面で顔を見ながら押していました。
外に興味を持ち始めたら、ハンドルの向きを変えて、赤ちゃんを前向きに。
片手でコンパクトにたため、自立するものだったので、収納にも困りませんでした。

子どもが1歳半頃に3000円くらいの簡易なバギーを追加で購入。
電車で遠出をするときなどコンパクトにたため、とても便利でしたよ。

自分の生活パターンをしっかり考え、ぴったりのベビーカーを見つけてくださいね。

関連記事

ピックアップ!

おしりふきのメーカー別特徴まとめ

2014.12.28

どう違うの?7つのメーカー別おしりふきの特徴について徹底調査!

赤ちゃんのおしりってとてもかぶれやすいですよね。なぜなら、お肌のバリア機能がまだまだ未熟。それに、新生児の頃は一日に何回もうんちをするし、大…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る