赤ちゃんが寝返りしたら一気に模様替え!! 急がないと間に合わない安全対策

小さい子供の家の安全対策

 

安全対策は「やり過ぎ」くらいがちょうどいい!です

生まれたばかりの赤ちゃんはずっと同じ場所にねんね♪

寝返りをうったら「キャー♪動いた♪寝返りした~」と感動していますが
実はその日から戦いが始まります。
子供の成長が先か、パパの大工仕事が先か(笑)

安全対策でこの時からパパは土日、大工さんに変身します!!
柵をいくつ作ってもらった事か・・・
では、今回は絶対しておいた方がいい安全対策をご紹介します。

1. ファンヒーターの柵を2重に★

子供がいる家庭ではファンヒーターや電気ストーブに柵をしていると思いますが、それは絶対です。

でも、気を付けて欲しいのは
『柵も熱くなる』という事です。

実はこれは私の怖い体験談なのです。

まだ寝返りしかうてない子供がその日からズリバイを初めていました。
そうです。『初めて』は突然やってくるのです。

私がフっと見ると
赤ちゃんがいつものテリトリーのマットの上にいないのです。
なんと・・少し離れたファンヒーターの前まで行っていたのです!!

柵はしてるけど熱風が出る前に顔が!!
「うわ~!!」と急いで抱っこしましたが、絶対熱かったですよね。

気が付くのがもっと遅かったらと思うと・・。
だから熱くならない距離の所に柵をもう一つ用意して下さい。

もしくは、ファンヒーターなどはお片づけしてエアコンのみにする事をお勧めします。

2. 全ての固い物や角にスポンジテープを★

危ないかな?と思った物は必ず『案の定』という感じでそこで怪我します(笑)

つかまり立ちでテーブルのふちや角。
テレビ台や椅子の足やタンスの角・・・。

百円均一などでも売っているスポンジテープを張りまくる事をお勧めします。

綺麗に張ればそんなにお部屋のグレードが落ちるという事はないので大丈夫ですよ♪

角は絶対に角用の物を張って下さい。
張っていてもそこで打って頭を切った事があります。

張ってなかったらもっと大けがだったと思います。
取り返しのつかない大けがもあるのでやれる事は全部やりましょう。

3. 引き出しは開かないようにしよう★

その頃になると「え?!何を持ってるの?」とビックリする事も多くなると思います。

引き出しを開けているのです。

ハサミや包丁が入っている所は手が届く所じゃありませんか?
踏み台に登れば取れませんか?

無理だと思っている所も工夫して開けている事が多いです。
だから引き出しはほとんど開かないように安全グッズを付けました。

気を付けないといけないのが、引き出しを開ける姿を見せない事です。

安心していたら安全グッズの外し方を毎回見て、赤ちゃんが覚えてしまって自分で開ける様になるので(笑)
子供の学習能力は凄いですよ!

最後に

あまり過保護にしなくていいと言う意見もありますが
やっぱり赤ちゃんの安全を守るのはママのお仕事です!

やり過ぎくらい安全対策していて良かったと今は心の底から思います。

まずはお部屋のお片づけから初めてみましょう☆