入園前にするのはトイレトレーニングじゃない?本当に教えないといけない3つのコト

保育園

トイレトレーニングよりも大切なことがあります

幼稚園や保育園に入れる前は大変です。
まだオムツが外れてない・・・。

どのお母さんも必死に入園までにトイレトレーニングをします。
毎日毎日トイレの事で頭がいっぱいです。
なんとか間に合わせたいですもんね。

私もそうでしした。

でも本当に教えないといけないのはトイレではないんです。

まだまだと思っていても結構あっという間に来ちゃう入園の日までに頑張って本当に大切な事を教えましょう。
幼稚園での事故や事件はあってはならない事ですが
たまにイヤなニュースもテレビで見ます。

そうならない為に先生達だけに100パーセント委ねるのではなく
大切な事はしっかりママが教育してから入園させましょう。

現在は、昔とは違い、子どもを保育園に預けて働くお母さんが増えていると思います。

特に第1子を保育園に預ける前は、子どもを保育園に預ける行為は良いのか、3歳までは自分の手で育てないといけないのか、子どもは保育園で楽しくやっていけるのかなど、不安や心配だらけだと思います。

毎日一緒にいる子どもと離ればなれになる事を想像しただけで寂しい気持ちが押し寄せてくるお母さんも多いと思います。

でも働くと一度決めたのであれば、プラス思考に転換!

1. 交通ルールを教えよう

『勝手に幼稚園の敷地から出ない』
『車が来ていないか見る』
『駐車場の車は動くかも知れないから近付かない』
『自転車が来ていないか見る』
『信号を守る』
『青のチカチカで渡らない』
『手を挙げて渡る』
『ボールを追いかけない』

この基本的な事をきちんと教えましょう。

先生が見てないうちに・・事故にあったなんて悲しい事にならないように、
一番怖い交通事故に合わない為に
子供が自分で安全に行動出来るようにしておくことが大切です。

2. 怖い人がいる事を教えよう

誘拐は怖いですよね。

悲しい事だけど怖い人もいるんだよという事。
これを幼稚園に行く前に教えましょう。

こんな事やあんな事を言ってくるかもしれないけど、
本当は怖い鬼さんだから絶対に知らない人について行ったら駄目だよ!と。

最近はオレオレ詐欺も巧妙です。
誘拐犯だって巧妙になっているかもしれません。

入園前のママの教育で大切な子供を守れるかもしれません。

3. 何かあったら自分で先生に言いに行ける様にしておこう

トイレトレーニングも大切ですが、

実際はオシッコやウンチを漏らしてしまっても
先生に言えずに自分でパンツを拭いて黙って汚れたパンツのまま家に帰って来た
なんてお話をよく聞きます。

可哀想ですよね(涙)

だから
漏らした時
気分が悪い時
お弁当をこぼした時
着替えられない時などに

「先生に自分でちゃんと言いに行くんだよ!」

という事を何度も教えておかないといけません。

ママが先生の役になって、ちゃんと本当に言いに行く訓練をしましょう。

おしっこを漏らした時に
「じゃあママ先生の所に言いに来て」
と言って練習します。

子供は先生の所にまでは行けますが
きちんと言葉で伝える事が出来ません。
だからきちんと文章で先生に伝えられる様にしておきましょう。

保育園は楽しい事がいっぱい!

家の中でずっとお母さんと二人でいる時と違い、保育園に行けば、たくさんのお友だちがいます。

子どもはにぎやかな場所が大好きで、人が多い事に安心できます。
保育園では保育のプロである保育士がいるので、楽しい遊びを毎日提供してくれます。

また、絵本もたくさん読んでくれるので、刺激的な日中を送る事ができます。お母さんには思いつかないような遊びを保育士さんは知っているので頼もしいです。

また、保育園に来る子どもたちはみんな、お母さんが働いているという境遇が同じです。

お母さんの働く姿を見て育つ子どもの将来が楽しみです。

保育園では赤ちゃんから、年長クラスまで、幅広い年齢層との交流ができるので、子どもの成長にも良い刺激を与えてくれます。

基礎生活が身につく!

保育園では集団生活が基本です。

おやつを食べる時やお昼ご飯を食べる時、昼寝をする時、遊ぶ時など常に集団で行動します。

今まで家の中では赤ちゃんの時から自分が中心で周りが合わせてくれる生活から一新し、大人への第一歩を踏み出せます。

きちんと、周りのお友達と合わせて行動する姿を初めて見た時はきっと感動することと思います。

保育園のメリット~お母さん編~

お母さんにとっての保育園のメリットとしては、お母さん同士の付き合いがさっぱりしている事があげられます。

仕事と育児、家事で毎日忙しいお母さんは保育園の送り迎え後も予定がギッシリ詰まっているので、園内ではテキパキしなければいけません。

その為、立ち話をする時間等も無く、挨拶だけで終わるのが通常です。

また、園の行事などで仲良くなった人がいた場合も、平日は仕事をしているので遊ぶ時間があまりありません。

お互いの休日が合った時に遊ぶくらいになります。

ですから、毎日べったりとしたお付き合いをする事はあまりなく、その為、トラブルが少ないのも魅力的です。

保育園は良い事がいっぱいあります。不安に思っている方も安心してほしいと思います。

まとめ

入園前はトイレトレーニングや着替えの練習。

そして『あいうえお』を覚える事などを重点的にしてしまいがちです。

しかし、まずは子供が安全に生活出来るための教育をしておきましょうね★