【簡単!】しっかりと納得させる叱り方のコツとやってはいけない3つの怒り方

寝てくれない1歳児

 

子どもを叱る時についつい大声を上げて叱ってしまう
そして後に自己嫌悪に陥ってしまった

こんな経験はないでしょうか

子どもを叱る時にただ感情に任せて怒ってしまうと

★何をするにしてもオドオド
★できないと自分を責めてしまう
★お母さんに対して次第に反発するようになる

叱るのと怒るのは根本的に違いがあります。

私もついついよくやってしまっていたのですが
後から考えると反省点はたくさん。

お母さんが子どもを叱る時にしてはいけないことをご紹介します。

やってはいけない3つの叱り方

1,大声で怒鳴らない

「●●(名前)~!やめなさい~!(怒号)」

子どもに対して威圧的に
自分の感情にまかせて怒るのは
子どもの心のキズになります。

お母さんが怖いという恐怖心を植え付けるだけになってしまう

子どもにとっては

母親が大声を張り上げるというのは体罰と同じぐらいに感じてる

ということをまず意識して欲しいと思います。
悪いことしてもまずは子どもに
「なぜそうしたのか」
という質問をすること

そしてそれをしない為には
「どうしたらよかったのか」
を一緒に考えることが大切です。

※ついついやってしまいがちですが…まずは一呼吸置いてみましょう。
実はこれを聞かされているお父さんもウンザリするもんなんです。

2,感情的にならない

怒ることと叱る事は違います。
自分のフラストレーションを
解消するために怒ってしまうというのも子どもから自信を奪っていきます。

そういうことを繰り返していると
怯えやすく自信がない子どもになってしまいます。

大人にとっては悪いこと
でもそれは大人の都合だけであるかもしれないこと

そして子どもはまだそれが悪いという事は知りません。

ついつい感情的になってしまいがちですが
子どもの立場にとっなって考えてみると理解できるようになります
イラっとするような出来事も一呼吸おいて深呼吸をしてみましょう。

叱られる時は子どもは素直になります。
しかし、親が怒る時は子どもはとても反抗したり傷ついたりするものです。

3,「ダメ」はダメ。常にポジティブな考え方で

  • あなたのここはダメ
  • あなたのはダメな子
  • こんなこともできないの

このような自分自身を否定される言葉は
子どもの心を閉ざしてしまう大きな原因になります。

例えば「ダメ」という単語がありますが、
これも頭ごなしにダメというのではなくて
「なぜダメなのかというのを説明」
しその結果
「ダメだということを納得させる」
というプロセスが必要になってきます。

常に日頃から
ダメダメと否定的な言い方ばかりされている子どもは
だんだん自己主張ができなくなっていきます。

「僕ってダメなんだ」

そうすることでやる気のない
無気力な性格に育ってしまう可能性があります。

説得力が生まれる叱り方のコツ

子供に対する良い叱り方。
まず論点をはっきりさせること。

「何を伝えようとしているのかを、きちんと相手に伝えること」

これがぼやけると子供は納得することができません。
論点をしっかりさせて、すべてのことをそこに帰着させるようにします。
この論点をしっかりとして話す話し方は
「男性的な話し方」になり、女性は苦手な方が多いです。

そんな方でも簡単にできる
覚えておいてほしい3段階の活用方法を解説します。

  • 1,「結論」
  • 2,「なぜなら」
  • 3,「例えば」

の順で説明してあげてください。

「結論」水道の水を無意味に出しっぱなしにしてはダメ!
「なぜなら」お金もかかるし、世の中には一杯の水も飲めない人がたくさんいる
「例えば」●●くん(子供の名前)がもし、一杯のお水も飲めない時に、ムダに水を出しっぱなしにして遊んでいる人を見ればどう思うかな?最後に
「だから」水道の水を無意味に出しっぱなしにしてはダメ!

ものすごく簡単な例ですがこの流れで説明するだけで今までの
「ただダメ!」
というだけの怒り方とぜんぜん違う効果が生まれます。

怒るより叱るより…とにかく褒めよう

なぜそれがダメなのかを
説明した後
子どもがわかってくれたなら
些細なことでも子どもをどんどんと褒めてあげるべき。

大人にとってみればできることは当たり前。
その大人の視点で子どもを見るとできないことばかりが目立ちます
子どもはそうではありません。

子どもが普段していること
それは子どもにとってはとんでもなく頑張っていることかもしれないのですから。

「子どもにとってできて当たり前のことなどない」

当たり前のこと。
として流してしまわずに
どんな些細なことでも褒めてあげる
こうすると子どもはますます頑張ろうという気持ちになります。

「もっとお母さんが好きになります。」

何をやっている時でも子どもに対して

  • ありがとう
  • 助かった
  • 偉いね

などという言葉をかけてあげることを忘れないように、それだけで子どもが救われ前向きな気持ちになれるもの

ママのリラックスがとても大事

子育てする時にママ自体の心の余裕が全くなければ
どうしてもそのストレスの矛先が子どもに向いてしまいます。

子どもが寝ている間、スマートフォンに夢中になっていないでしょうか?

子どもが休んでいる時は自分も休む
また無理をせずに周りの人にも頼ってみる

「1日に何回も意識的に心と体の休息をとること」
初めてのママにとってはとても大切なこと
最初から無理をしていてはいつか
それが溜まりに溜まって爆発する時がきてしまいます。

ちょこちょことこまめに休息を取るリラックスタイムを設ける
そして子どもと楽しみながら育児をするというの忘れないようにしてくださいね。

関連記事

ピックアップ!

エルゴ抱っこ紐

2014.12.26

【特集】「これが欲しかった!」抱っこがらく~にできる「エルゴ」の7つの魅力

赤ちゃんの抱っこ、特に首が座った後からあんよがちゃんとできるまでの間って、抱っこの頻度がハンパじゃないですよね。段々とずっしり重くなる赤ちゃ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る