【アップリカのベルトフィットコラン】おんぶが楽にでき、家事育児を楽にしてくれた抱っこひもの話

育児中に役立ったアイテム

【当時の年齢】0歳~2歳まで使用 男

※おんぶすると肩が痛くて痛くて
エピソード・ひらめき

下の子が生まれた時には、2歳年上のお姉ちゃんもまだ手がかかったので、
家事をするのに下の子はおんぶしないと何もできない状態でした。

しかし、以前買った抱っこひもでおんぶをすると、肩と腰が痛くてどうしようもなくなってしまい、
1時間くらいでギブアップしてしまっていました。

そんな時に、もっと肩と腰が痛くならないような抱っこひもが欲しいと思ってインターネットで色々と
探してこの商品を見つけました。
他にも良さそうな商品もありましたが、日本人の体型に合っていると書いてあり、
ユーザーの評価も高かったので、これなら買ってみようと思ったのが購入のきっかけです。

【昼寝している時しか家事ができない】

もし以前の抱っこひもを使っていたら、肩と腰の痛みと闘いながら我慢して
おんぶするしかなかったと思います。

でも、それは長続きするわけはないので、下の子をおんぶするのを諦めて、
昼寝している間だけしか家事ができないという状態になりかねなかったと思います。

そうなると、家事もはかどらず、常に下の子は抱っこしていないとならなかったので、
家事育児の負担が倍増していたことが予想されます。

【おんぶしている感覚じゃない抱っこ紐】

子どもとお母さん

この抱っこひもを使うと、本当におんぶしている感覚がないくらい楽でびっくりしました。
肩だけでなく腰でも支える形になっているので、肩にも腰にもあまり負担がかからず、
半日くらいずっと子供をおんぶしていても大丈夫なくらいでした。

下の子をおんぶしているうちに、おんぶではないと寝なくなってしまいましたが、
寝ている間ずっとおんぶしていても全く苦になりませんでした。

下の子を長くおんぶできるようになったため、常に両手が使えて、家事もはかどりました。
夜もおんぶしていると寝てくれるようになったので、寝かしつけも大変楽になり、良い事づくめでした。

下の子が赤ちゃんの時だけでなく、2歳近くになって体重も重くなってからも使えて重宝しました。
周りの人からは重くて大変そうと言われましたが、実際にはそんなに重さを感じることなくおんぶできていました。
1歳代は、手をつなごうとしなかったり、道路に飛び出そうとしたりと危なかったので、買い物に行く時などは
おんぶすると安全に行けるので良かったです。

【まずは試着で自分に合うかどうかをチェックしてみて!】

メッセージ

子供服の売り場などで抱っこひもの試着ができる所があるので、そこでまずは
試しに自分のお子さんを抱っこしたりおんぶしてみるようにとアドバイスします。

見た感じだけでなく、実際に子供を中に入れておんぶしてみると、
付け心地の良さや肩や腰への負担の少なさが実感できると思います。
そして、私が腰痛や肩こりにほとんど悩まされていなかったことについて話すつもりです。