【車に持っていくおもちゃの条件】チャイルドシートでの長時間のお出かけを楽しい時間に!

シールブック

【アイテム名と当時のベビーの年齢】
【シールブック】教本

2歳・女のこ

※エピソードエピソード・ひらめき

チャイルドシートでぐずる・泣く子への対処

子どもを連れて車で出かけるときに、子どもを長時間チャイルドシートに座らせておくことがとてもかわいそうでした。

  • 車の事故は親ではなくチャイルドシートでしか守れない
  • 抱っこでのドライブは万が一の追突時は逆に危険
  • シートベルト条件下で一番危険なのは助手席

条例で決まっていること・安全性が高いことは分かっていましたが機嫌も悪くてとても苦痛そう!!

最近は子どもも大きくなって、自分からチャイルドシートに座ってくれるようになりました。
しかし、半年~2歳の頃はとても嫌がりました。
これは長時間同じ体制で縛りつけられているので当たり前だと思います。

おもちゃなどを与えていてもすぐに飽きます。
本を読んであげることは私が酔ってしまうのでできませんでした。自分で運転するときは当然無理です。

そんなある日車で旅行に行くことになりました。

ipadなんかでも良かったのですが見るとやはり自分が車酔い状態になります。

旅行なんかでは子どもを連れて3時間近く車に乗っていなければなりません。DVDなども見せるつもりでしたが、3時間見せっぱなしなのは嫌だったので何とか時間が潰せるものはないか、と探したときにシールブックを見つけました。

シールブック

長時間チャイルドシートに座ってくれない・・・

チャイルドシートに乗せると最初はおもちゃで遊んでいますが、どうしても途中から飽きて降りたいと騒いでしまいます。

  • 最初はいいけれど10分位すると泣いて嫌がる
  • だんだん、私自身がクルマに乗るのが嫌になってくる
  • いざ、出発するまでもものすごい時間がかかる

最初は私も我慢していますが、運転中なのでとてもイライラしてしまい、せっかくのお出かけが全く楽しくありませんでした。

また、DVDやお菓子を与えて静かにさせる方法もありますが、それでは長距離の車での外出には向きません。子どもにとって良い影響を与えつつ、チャイルドシートで楽しく過ごしてもらう必要がありました。

「長時間飽きないという条件では持っていくおもちゃは何がいい?」

色々と試した挙句もっとも相性が良かったのが100円均一で購入できるシールブックでした。

チャイルドシート着席中は少し複雑で種類が多いものがお勧めです。

子どもとお母さん
「うちの子は多動症の心配があるのでは?」

と心配もしていましたが、シールブックを持たせておくことで車でのお出かけが苦にならなくなりました。

子どもをチャイルドシートに座らせる時に嫌がっていたのが、シールブックを見せると「やりたい」と言って自ら座ってくれるようになりました。
また、子どもはシールを貼る作業が好きなので、とても集中してくれます。

なので、チャイルドシートを嫌がるお子さんの長距離ドライブには

「少し複雑で頭をつかうようなもの・そして沢山の種類があるもの」
がおすすめです。

あるときなど、
気が付いたら30分近くシールブックをやっていて、私も静かに集中して運転をすることができるように。

また、シールを貼りながら「これは猫だから水の中にいるのはおかしいよね」など、子どもと会話もできるので、その点も良いと思います。

私が使っているのは100均のシールブックですが、種類もたくさんあり、何度も貼ってはがせるので何回でも使うことができます。

もちろんシールブックだけでは長時間のドライブに対応できません。
しかし車でのお出かけを、少しでも子どもにとって楽しいものにしてくれるのは間違いないと思います。

これから使う人へのメッセージ

メッセージ
もし効果がなかったとしても、車で使う以外でもほかにも使い道はあります。

何よりも100円で安い!!
一度試しでやってみてください。

「長時間の電車・飛行機などにも結構使えます」

単純じゃなくて、少し複雑で種類が多いものほど子供は熱中してくれる可能性がありますよ。

※ちなみにチャイルドシートの着用義務は6歳未満です。ジュニアシートというものもあり、背もたれあり・背もたれなしを選ぶことができます。