「歯磨きは嫌だ!」でもママは諦めない。赤ちゃんの大切な歯を守る あの手★この手★

歯磨きをさせてくれない

 

歯磨きをさせてくれない (泣)

赤ちゃんのお口の中に小さな白い物を見付けた時、ママの胸は高鳴りましたよね♪

「歯だ~♪可愛い!!」って。でもママのそんな嬉しい気持もその日まで。だってその日から歯磨きとの戦いが始まったんですものね(笑)
口は開けない。こっちを見てくれない。泣く。逃げる。噛む・・・。

「もうイヤ!」と思っても、可愛い我が子の可愛い歯を虫歯にさせない為に、今日もママは戦うのです。

色んな子供がいますのでどの手が有効か分かりませんが、こうなったらとにかく色々試してみましょう★

赤ちゃんの大切な歯を守る あの手★この手★

白い歯

作戦1★ 指サック歯ブラシ

指サックの形の歯ブラシがあります。ママの指にそれをはめて歯磨きをして下さい。

普通の歯ブラシより危なくなくて歯を磨き易いですよ。くれぐれも噛まれない様に気を付けて下さいね(笑)

作戦2★ 子供に持たせる安全歯ブラシ

喉に刺さらない様になっていて子供が自分で持つ為の歯ブラシがあります。

オモチャで遊んでいるように歯磨きしてくれます。

作戦3★ 噛み噛み歯ブラシ

これは超オススメです!!ゴムのブラシが沢山付いているちょっと珍しい歯ブラシがあります。
これは噛み噛みするだけで綺麗に歯が磨かれる最新歯ブラシです。歯がブラシに挟まれる設計になっているのでとてもいいですよ。

作戦4★ うがい薬と歯磨きタブレット

まずはお水でうがいの仕方を練習しましょう。ママがやってみせると面白がってすぐに出来る様になりますよ。
その後うがい薬でグチュグチュペッ!をさせましょう。
歯磨き効果がある飴のようなタブレットが薬局に売っていますので食べさせてあげましょう。
どうしても歯磨きしてくれない時の最後の手段です。

作戦5★ 虫歯菌を恐い物に例えよう

ここからはママのお話が分かる年齢になってからの作戦です。

子供が嫌いな物は何ですか?子供に「虫歯になるよ!虫歯は痛いよ!」と言っても経験がない子はやはりピンと来ません。だから言う事も聞いてくれないのかもしれません。

だから我が家は虫歯菌を子供が嫌いな『クモ』に例えました。

「あ!!大変!お口に小さいクモがいるよ~!」驚く子供(ごめんね!)。

「クモさんは歯が汚れていたらお口に入って来て痛い痛いしてくるんだよ!!」

「大丈夫♪ママがクモやっつけてあげるね♪さあ!『あー』して★」

「クモが来ない様にママが歯磨きしようって言ったらすぐしようね♪」
言います。

超効きます(笑)その日からずっとおりこうにしていますよ。

作戦6★ 楽しい歯医者さんゴッコをしよう

中々してくれない時は、病院ゴッコの様にママが先生になって「次はしずくちゃん!では先生のお膝に寝て下さい!」と言いましょう。

これだけですぐにさせてくれますよ。子供って可愛いですね(笑)

まとめ

歯磨きは本当に大変ですが、お互い頑張りましょうね!子供がまだ小さい時は作戦1から作戦3までの全てさせていました。
どれか1つだけだと中々完璧に綺麗にならないですからね。あの手この手で大切な歯を守ってあげましょう★