【女の子の初節句】意外と知らないひな祭りの由来やお祝い膳の種類

83573142654e42f94d232c6dddba5d19_s

3月3日は『ひな祭り』ですね。子供の頃、おひな様を飾ってちらし寿司を食べた思い出があるママも多いのではないでしょうか?

でもひな祭りの「正しいお祝い作法」ってご存知ですか? 本当はとても歴史が深くて、知れば知るほど「へぇ~」な由緒あふれる世界なんですよ。

日本の伝統行事ですから、知識を増やしていつか娘が大きくなったら教えてあげたいですね。

 

ひな祭りの由来・意味とは

ひな祭りの由来は、昔むかし、平安時代よりも昔の日本に、中国から伝わった『春の邪気祓い(じゃきばらい)』の儀式からきています。

やがてそれは“季節の変わり目にやってくる、良くない物=邪気”をお祓いするという神事となり、人々は人の形をした紙に災厄を移し、川や海に流したそうです。それが、現在でも地方各地で行われている「流し雛」という行事となっていったんですね。

時は流れて江戸時代、徳川幕府によって様々な年中行事が制定されていった中、3月3日は「桃の節句」と定められました。5月5日の「端午の節句」が男の子の行事として定着したため、「桃の節句」が女の子のお祝い行事となったのです。

おひな様は子供の災厄を受けとる身代わり

「流し雛」がやがて現在のような人形を飾るようになったのも江戸時代から。ひな人形には大切な我が子に宿った災いを、すべて受けとって身代わりとなってくれる形代(かたしろ)の意味があるんですよ。

ですから、今でも赤ちゃんの行事として重んじられている『初節句』は、
「どうかこの子に災いがもたらされませんように」
「美しく成長し、良い結婚に恵まれますように」
「大きな幸福が得られますように」
といった祈りを込めてお祝いする、大切な風習なのです。

ひな人形は母方の祖父母が贈るのが一般的

六畳間の大半を占める大きな段飾りから、コンパクトにまとまった箱入りの物まで、お雛様の種類や大きさも色々。本来はママのご両親が買って贈るのが一般的ですが、最近では家庭によってそれぞれです。

ママが使っていたひな人形を子供に受け継がせたいという方もいるかもしれませんが、そのおひな様は「ママの災厄を担った形代」です。娘に受け継がせる場合は、人形を買い足すなどして「新たな形代」を用意しましょう。

また姉妹の場合も同じで、姉のおひな様とは別に、妹の初節句では「新しい人形を買い足して」一緒に飾ってくださいね。

片付け遅れたらお嫁にいけない!は迷信

おひな様を飾り始めるのは2月初旬から。3月3日ぎりぎりになって飾るのは一夜飾り」といってとても縁起が悪いことなので、決してしないようにしましょう。

他にも「3日を過ぎてもおひな様を飾っていたら、お嫁にいくのが遅くなる」という説を聞いたことがありますよね。

調べたところ、全く根拠のない俗説で、とくに気にすることはないそう。「子供に早く片付けさせるため」に、いつの間にか伝わった迷信のようですね。

ただ、おひな様を片付けるのは「晴れた日が縁起が良い」とされているので、それだけは守った方が良さそうです。

 

ひな祭りの祝い膳とは

c50580afb88c40fd43977fab242134c6_s

ちらし寿司をはじめ、ひな祭りには色々と決まった祝い膳(行事食)があります。地方によって細かくは違いますが、一般的な食べ物とその意味をご紹介しますね。

■ちらし寿司

レンコン(先を見通す)やエビ(長寿)など“縁起が良い”と言われている食材を使っていることから、ひな祭りの定番食となったちらし寿司。色鮮やかで華やかな様子が、「女の子のお祝いにふさわしいから」という説もあります。

■蛤(はまぐり)のお吸い物

蛤の上下の貝殻がぴったり合って、他の貝とは決して合わないことから、「女性の貞操」を意味して食べるようになったとか。また「ぴったり相性の良い夫が見つかるように」との願いも込められているそう。

■菱餅

ピンク(魔除け)、白(純潔、子孫繁栄)、緑(健康)の意味を持つ菱形のお餅。

上から赤(ピンク)→白→緑の順番で重ねるのが一般的ですが、これは「雪の上に新芽が出て、その上に桃の花が咲く」という春の景色を表しているんですって。

■ひなあられ

その昔「女の子たちがひな人形を持って外に出掛ける際、菱餅を砕いて持って行った」ことが由来。だから、ひなあられって菱餅と同じ“ピンクと白と緑”が基調なんですね。

■白酒・甘酒

「白酒」とは蒸した餅米や米麹にみりん・焼酎を混ぜた物。一方、「甘酒」とは酒粕を使ったアルコールを含む物と、ご飯に米麹を混ぜて作るアルコール度数1%未満の物があり、子供には後者を飲ませます。

これらは“百歳”を意味する「桃花酒」が、作りやすい「白酒・甘酒」に代わっていったと言われています。

 

ひな人形の名前と役割とは

013ceedd52dcccd37a02bea428278fc7_s

「お内裏さ~まとお雛さま~」というひな祭りの歌は誰もが知っていると思いますが、それ以外の人形の名前や役職ってご存知ですか?

よく見てみると、それぞれ手に持っている物や表情が違っていて個性的なんですよ。

<最上段>内裏雛(だいりびな)

ひな祭りの主役の2人で、着物も豪華! 向かって左側が男性(天皇)で、右側が女性(皇后)です。日本古来の並びはこの逆だそうですが、現在はこの並べ方が共通です。

ちなみに「内裏(だいり)」とは、“御所”を意味するそうですよ。

<二段目>三人官女(さんにんかんじょ)

内裏に仕える3人の女官で、両サイドが立ち姿、中央の女官長だけが座っています。

女官長は盃を手に持っていて、右の女官がお酒を注ぐ「長柄の銚子」、左がお酒の入った「加えの銚子」を持っています。

<三段目>五人囃子(ごにんばやし)

「ご~にんばやしの笛太鼓~」の歌の通り、左から太鼓、大鼓、小鼓、笛、謡の役割があり、それぞれ表情も違います。

<四段目>随身(ずいしん)

この辺りからあまり馴染みがないかもしれませんね。

随身とは今でいう“警護”です。左が若い右大臣で、右側が老人の左大臣。それぞれ弓矢を持って内裏を警護しているんですよ。

<五段目>仕丁(しちょう)

簡単にいうと“雑用係”の人たち。ほうき・ちりとり・熊手を手にしていて、「怒り上戸・泣き上戸・笑い上戸」と性格まで決まっているので、彼らを「三人上戸」とも呼ぶそうです。

<まとめ>

いかがでしたか? 子供の頃からお祝いしてきた「ひな祭り」も、案外知らないことがたくさんあったのではないでしょうか。

これらの知識を踏まえて娘の初節句をお祝いすれば、またひと味違う楽しみ方ができるかもしれませんね♪