[GW直前]赤ちゃんとはじめての飛行機★成功ポイント5つ

0df282cf725cecbde07f8a7e37d32879_s

春の大型連休・ゴールデンウィークまであと少し!せめて1日か2日くらいは、どこかにお出かけしたいですよね。

今年は、思い切って遠出しよう!というとき、便利なのが飛行機。

でも、赤ちゃんと飛行機なんて乗れるの?と不安になってしまいますが、ちょっとしたポイントをおさえれば大丈夫!

ここでは、そのポイントを5つにまとめてみました。

[ポイント1]飛行機の滞在時間を昼寝タイムにする

飛行機はいわば密室状態。その中にはもちろん、赤ちゃんの泣き声にイライラしてしまう人もいます。とはいえ、赤ちゃんはもちろん、泣きたいときに泣く生き物。さて、どうするかというと……

赤ちゃんはたくさん泣くのと同時に、たくさん寝ますよね。

その昼寝タイムを、飛行機の滞在時間にもっていけばいいのです。いつも12時から14時くらいに昼寝する生活リズムなら、そのころが滞在時間になるように予約します。

そして、飛行機に乗る少し前に、おっぱいやミルクなどでお腹いっぱいにしておきます。もちろん、おむつもきれいに。

赤ちゃんが寝ている間に、目的地に着いた!というのが理想です。

[ポイント2]トイレに行きやすい席を予約

飛行機に乗っている間に、いちばん赤ちゃんにしてほしくないこととはなんでしょう?

それは、うんちをしてしまうこと!ではないでしょうか。しかも大量うんちでモレでもしたら大事件です。飛行機は密室状態なので、あっという間にニオイが広がってしまいます……。

でも、そんなことはよくあることですよね。そんなときのために、席を予約するときはトイレのそばにする、廊下側にする、というのが必須です。

そして当たり前ですが、搭乗の前には必ずおむつを替えておきましょう♪すでにおしっこをしているおむつにうんちをしていると、モレやすくなりますから!

[ポイント3]国際線なら、バシネットを確保

5084478af1ff18a72fa98912f3f87c1b_s

 

「バシネット」って知っていますか?

国際線の飛行機では、赤ちゃんを寝かせるためのベッドを用意しています。ママやパパの座席の前につけます。おおむね10キロ前後まで、2才未満が対象です。

授乳などで寝かせたあと、ずっと抱っこひもで抱っこしていてもいいですが、バシネットに寝かせられたらラクですよね。ただし、ベッドに置くと起きてしまうことが多い赤ちゃんにはおすすめできませんが……。

通常は予約できますが、LCCの場合は予約できず、先着ということもあるようです。バシネットを付けられる席に限りがあるので、早めの確保が肝心。利用する航空会社に確認してみましょう。

[ポイント4]「耳抜き」は母乳または哺乳瓶で

飛行機が離陸するときに気圧が変化することで、耳に違和感を覚えることがありますよね。この違和感は赤ちゃんも感じていて、その気持ち悪さで大泣きしてしまうことはよくあります。

大人なら、つばを飲み込んだり、ガムをかんだりして解消できますが、赤ちゃんの場合は何か飲ませるのがいちばんです。

赤ちゃんならおっぱい、哺乳瓶やマグでミルクや白湯などでOKです。

ただ、がっつり飲ませると、吐いてしまうこともあるので、しっかり飲ませるのは搭乗の30分前くらいがいいでしょう。ちょっと飲ませればいいのです。もし、受け付けなければ、おしゃぶりや歯固めなどでも代用できます。

そして、そのまま寝てくれれば、ベストです!

[ポイント5]突然の泣き対策はぬかりなく!

うまく寝てくれればいいけれど、寝てくれないときもあります。また、滞在時間が長いと、起きてしまいますよね。なので、ご機嫌で過ごすための対策はとっておく必要があります。これは、月齢によって違うので以下に一例をあげます。

6カ月ごろまで

おしゃぶり、歯固めのおもちゃや、にぎにぎなどを持参。ただし、ガラガラなど、音の出るおもちゃは避けましょう。

1才ごろまで

おやつやお茶などでお腹をうめるものを用意。スマホや携帯、財布など、いつもなら触らせてくれないものを触らせてあげると、しばらくは夢中で遊んでくれます。

1才~

おやつをあげつつ、スマホやタブレットのアプリも活用。子どもでも使えるヘッドフォン(耳には詰められないので頭にかぶせるタイプ)を用意すると便利です。いつもと違う環境を与えてあげると、新鮮なのでしばらくは夢中で遊んでくれるはずです!

[まとめ]2才未満まで料金はタダ。フライト旅行を気軽に楽しめるのは今のうち!

飛行機の料金は、例外をのぞいて2才未満で大人のひざの上に乗せられるなら、無料の場合が多いです。(ちなみにバニラエアは、赤ちゃんでも片道1500円かかります)

2才を過ぎると、大人の半額や同額がかかります。とくにLCCは、元々が安いので子供料金はないところが多いですね。

子どもも交通費がかかる、となると気軽に飛行機は利用できなくなります。2才未満の今のうちに、飛行機を利用してお出かけを楽しむ、というのもいいのではないでしょうか!