[赤ちゃんのあせも]どう防ぐ?できたときのケアは?

a46abfa1ecee105bac2189cb2a7795ed_s

汗をかいたあとにできる赤いプツプツ=あせも。

このあせも、赤ちゃんや子どもの皮膚トラブル第1位!ということをご存知ですか?

というのも、汗を分泌する汗腺は、赤ちゃんも大人も同じ数だけあると言われています。小さな体に大人と同じだけの穴があるのですから、大人よりも汗っかきになるのは当たり前です。

あせもはかゆくて、不快なもの。できるだけ、ならないようにしたいですね。ここでは、あせもの原因と対策についてまとめます!

[原因]汗をかいたままにしておくことで発症

皮膚の中には汗管という、汗が出る管があります。ここに、暑さやムレなどでたくさん出た汗が詰まってしまうと、炎症を起こしてしまうのです。

炎症を起こすと、赤いプツプツができて、かゆみを伴います。これが、あせもです。

先ほど書いたように、赤ちゃんは大人と同じ汗腺があるため、小さい体で大人と同じ汗の量をかくわけです。

でも、汗が皮膚に残らないようにすぐケアすればあせもはできません。

しかし、赤ちゃんは大人のように、気持ち悪いからと洗ったり、着替えたりということができません。そのため、あせもをつくりやすいのです。

できやすい所は?

汗がたまりやすく、乾きにくい場所にできやすいので、

●額(髪が額にかかっているとできやすい)

●太もものつけ根(おむつムレが原因)

●ひじやひざの裏側(皮膚が重なり合って汗が乾きにくい。大人もできやすい部位)

●首やうなじ(衣服で汗が吸収されないため)

などが挙げられます。

[予防]着替えやシャワーなどで汗を肌に残さないように!

赤ちゃんのお風呂

 

それでは、どうすればあせもは防げるのでしょうか?代表的な方法は3つです!

1.着替えをする

汗でぐっしょり濡れた衣服をそのまま着せていると、汗が吸収されないので、汗が汗管に詰まってしまいます。汗で汚れた衣服はなるべく早く着替えさせましょう。

何度も着替えさせるのは大変……ということで、多くのママは汗取りパッドを背中に入れています。ガーゼなどでできた布の商品なのですが、汗をかいたらスッと抜いて、新しいものと交換するだけ。

何度も着替えなくて済むので便利ですよ。

2.シャワーを浴びる

やっぱり効果的なのがコレ。汗をシャワーで流すのがあせも対策にはいちばんです。

お出かけから帰ってきたら、シャワー。さっぱり過ごせて、気持ちもいいですね。

長時間のお出かけなどでシャワーが浴びられないときは、濡らしたガーゼであせもができやすい額やひじ、ひざの裏側などをこまめに拭いてあげるのもおすすめです。

昼間のシャワーは石けんなしでもOK。ただし、夜のおふろでは石けんで汚れを落としてあげましょう。

3.汗を吸収する衣服を選ぶ

夏はやっぱりノースリーブでしょ!というあなた。じつは、ノースリーブはあせもを作りやすいのです。

なぜなら、汗を吸収する布が少ないから。衣服の機能には、汗を吸収する、という大切な役割があるのです。

また、ぴったりジャストサイズの服もNG。風が通りにくく、ムレやすいからです。

個人的におすすめなのが、じんべいです。さらっとさわやかな素材が心地よく、ゆとりがあるので風を通しやすく、汗をかきにくいです。

それでいて、汗をかいたとき、布部分は多いので、吸収してくれます。

[対策]なっちゃったら、皮膚科へ相談

それでもやっぱり、赤ちゃんならあせもはできちゃうものです。

プツプツが少しだけで、かゆがっている様子がなければ、とにかく皮膚に汗を残さない!ことに気をつけて様子を見ましょう。

かゆがっている様子があったら、皮膚科へ行きましょう。あせも自体をなおす薬はありませんが、かゆみをおさえる薬を処方してくれます。

まずはシャワーなどで皮膚を清潔にすることを心がけて、かゆみ防止のために薬を使いましょう。

[補足]クーラーでのあせも予防はNG

汗をかかせなければ、あせもはできない。ならば、暑い時間にはクーラーが効いた部屋にずっといさせておけばいいんじゃない?と思ってしまいますよね。

でも、それはNG!

なぜなら、汗をかかない生活に慣れしまうと、汗をかく能力が減るのだそうです。しかも、その能力は2才までに決まるとか!

人間は、汗をかくことで体温調節をしています。汗を上手にかけないと体に熱がこもって、皮膚トラブルを起こしやすい体質になることもあるそうです。

汗は適度にかかせないといけないけれど、皮膚についたままにしておいてはいけないのです。ちょっと大変ですが、赤ちゃんのあせもはママがどれだけ皮膚に汗を残さずケアできるか、にかかっています。

神経質にならない程度に、気を付けてあげましょー★