【食事の時の椅子】ストッケを使ってみた体験談まとめ

あさごはん

離乳食が始まった。赤ちゃんに座らせるイスはどうしよう?!

食事は大切な時間だから

たべ

離乳食が始まったら子どもに座らせるイスを考えないといけませんよね。

たかがイスされど、イス。

我が家は散々家具屋さんを見て回ったり、ネットでも探して悩みました。

高価なもの、お値段お手頃なもの、、、

でも最終的に長期的に使えてきちんと姿勢で座らせられるストッケに決定しました。

ストッケと似ているデザインでもっと安価なものもあり、そちらを買った知人は倒れやすいと言っていました。

人気のストッケ。我が家で使ってみて底力を見せつけられました気がします。

 

3891178289_3f5a2e5abf_z

買ってよかったポイント

・別売り品をプラスすれば乳児からも安心

ベッドタイプの寝かせられるようなイスを着けると、赤ちゃんも食卓に参加出来ます。

また、お腹周りのガードやハーネスも販売されているので落下防止にあると安心ですね。

ダイニングテーブルに近づいて座れる作りなので、1人ですわれるようになると、自分も食卓に参加できているのでご機嫌になります。

・足がぶらつかない

足を置ける板がついています。

足裏がきちんと固定されていると、落ち着いて食べられてまた食欲も増すようです。

我が子はストッケにしてからずいぶん落ち着いて食べるようになりました。

・大人になっても使える

イスの高さと足を置く板の高さが調整できるので成長に合わせられます。

子どもは1年で大きくなりますが、小刻みに少しずつ調整できるので本当に便利です。しかもつくりがシンプルなので不器用な私でも簡単に出来ました。

また足を置く板を取り外すと大人になっても使えます。

・子どもが1人で座ろうとしても倒れない!

2歳くらいから自分でイスに座ろうとしますが、親はずっと付いていられないもの。

目を離したスキに1人でイスに座ってもこれは安心です。

・カラーバリエーションが美しい

絶妙な色合いのカラーが揃っていてどれにしようか迷うほどです。

我が家の子ども2人はパープルとエメラルドブルーにしました。

少し和テイストが入ったインテリアにもしっくりなじんでいます。

これはウーンちょっとだった3つのデメリット

買ってよかったですが、少し感じたマイナス点もご紹介します。

・お腹とイスの囲いの間に食事がポロポロ落ちる

まだ一歳代の我が家の2人目の子は、落ちないように、別売りのガードをつけています。

そのガードとお腹の間に隙間が5センチほど空くので、プラスチック製のスタイを着けていてもポロポロとズボンの上等に食事が落ちてしまいます。

・とにかく高い!

数万円するので、この価格でもっと安いイスを何個買えるんだろう、、と考えた事も。

私が調べた結果は、どのお店も正規品なら価格は似たり寄ったりでした。

でも長年使えるから結局コスパはいいかもしれませんね。

結局我が家は子ども2人分を購入したので高くつくこととなりました。

・仰け反ると落ちそうに!

子どもは予想外の動きをしますよね。

我が家の一歳の下の子(男の子)は食事に飽きて来たら急に仰け反ったりするので、ガードをつけていても上半身がグーンと外に出てしまって、ひやっとしたことがあります。

割とストッケのガードの背もたれ部分は低い方です。

どのイスでもそうですが、高さがあるので落下は心配ですね。

現在

1歳と3歳の子ども達は足がぶらつかないので落ち着くのか、しっかりと座って食べられています。

落ちても濡れフキンでさっと拭くとすぐに汚れが落ちるのですが、我が家は最初に買って使用してから四年目。まだ色落ち等はしていません。

子どもが1人で使って倒れたことも一度もありません。

塗料などの材料は身体に優しいもので作られているそうなので安心ですね。

食事やおやつは本当に子どもにとって大切なもの。

さらにイスに座ってお絵描きや粘土遊びなどもこれから多くなります。

きちんとした姿勢で座れるイスをぜひ見つけたい物ですね。

てづかみ