子育てがつらいとき。ちょっと楽になる気持ちの切り替えかた7選

イライラ

子育て…妊娠中に考えてたのと現実があまりにも違いすぎ!!

理想と
子育てのストレス

現実
イライラ

かわいいわが子を抱いて、幸せそうにほほえむ私……。
妊娠中、そんな光景を想像していた人も多いのでは?

でも、実際赤ちゃんが産まれてみると、想像とあまりにも違う!

寝不足で目の下には常にクマが。

髪を振り乱して赤ちゃんをあやし
はいつくばっておむつを替え
行き倒れのように、いつの間にか床で寝ていることも……。

赤ちゃんのお世話は、想像以上につらくて、とてもニコニコしながら育児を楽しむなんてできません。

どうしたら、もう少し育児を楽しめるのでしょうか?

私が実践していた、心が軽くなる方法7選

1.雑誌やテレビに出てくるママと自分を比較しない

初めての育児。
分からない事だらけで、育児雑誌と首っ引きなのでは?
誌面に出てくるのは、家事も育児も完璧で、オシャレも忘れない素敵なママたち。
そんな女性と自分を比較して、落ち込むことも……。

でも、テレビや雑誌に出てくるママたちは、素敵な部分だけを切り取ったママ。「よそ行き顔」のママなんです。
だって、ボサボサ頭の疲れ切った顔を、雑誌に載せるわけにはいきませんもんね(笑)

そんな素敵なママと比較するのはやめましょう。

2.少しは好きな事をする

母乳育児をしているからといって、嗜好品を我慢しすぎていませんか?
チョコレートだってコーヒーだって、ほんのちょっとならOKなんです。

好きな雑誌だって読んでいいし、DVDを借りてきて映画鑑賞してもいいんですよ。

「私はママなんだから」と我慢してばかりでは、精神的に参ってしまいます。どんどん好きな事もしてくださいね。

3.他人と触れ合う

一日中、赤ちゃんと一緒に家の中にこもっていては、気分はふさぐばかりです。
児童館や自治体の子育てセミナーに参加して、ママ友を作りましょう。
みんな同じような悩みを抱えていて、話すことで気持ちが楽になりますよ。

4.生活にタイトルをつけてみる

雑誌の見出しのように、生活にタイトルをつけてみましょう。
本当は、スーパーのお惣菜を食べていても、
「今日はおうちカフェ。デリでランチをテイクアウト」
と言えば、ちょっとリッチな気分になりますよね(笑)

逆に
「ワガママ姫にこき使われる、シンデレラのような私」
なんて自虐系タイトルもOK。くすっと笑えて気持ちが楽になります。

5.育児ブログを書く・ツイッターでつぶやく

これはオススメ!
心の中のもやもやを文章にすることで、自分を冷静・客観的に見ることができます。
つらいことも、「すべてはブログネタ」と思えば耐えられます(笑)

コメントを通じて他の育児ブロガーさんたちと交流もでき、楽しいですよ。
ブログコンテストに応募したり、いつかは書籍化の夢もかなうかも!
ツイッターで小出しに気持ちを吐きだすのもいいですね。

6.歌い踊る

赤ちゃんをだっこしながら、大声で歌ったりダンスしたりしましょう。
バカバカしく思えますが、意外とストレス発散になるんですよ(笑)

ママが笑いながら歌い踊れば、赤ちゃんも面白がって笑ってくれます!
赤ちゃんと一緒に楽しんじゃいましょう♪

7.赤ちゃんにアテレコして遊ぶ

赤ちゃんが泣きやまない時は、赤ちゃんの気持ちになってアテレコしてみましょう。
「えーん。ボク、おなかすいたでちゅー」
「疲れたよー。だっこしてほしいよう」
などと声をあてて、赤ちゃんで遊びましょう。

赤ちゃんの気持ちを推測する練習になるし、ママが楽しそうにしていれば、赤ちゃんも気持ちが落ち着きます。

まとめ

いかかでしたか?
ポイントは、ママの視点を赤ちゃんだけにフォーカスしないこと!
赤ちゃん以外の事に興味をもったり、空から眺めるように自分を客観視してみると、意外と気持ちに余裕が出るものです。

育児がつらいな、と思った時には、ぜひ試してみてくださいね。