[1才&2才]公園とスーパーばかりでマンネリ…。たくさん歩けない子のお出かけ先の探し方!

babycar

1才代になってあんよができるようになると、おうち遊びだけではもたなくなってきますね。

とはいえ、まだしっかり歩けないので公園で思いっきりは遊べないころ。

遠出もママと2人では大変なので、結局、いつものスーパーへ……

という感じになりがちではないですか?結果、気が付けばスーパー以外は出歩かず、だれとも話さなかった、なんて日も。

子どもはかわいいけれど、もちろんまだ話し相手にはなってくれません。あまり人と話さない日が続くと、気がめいってくるものです。

そこで、1才代でも無理なく楽しめる、お出かけ先の探し方をまとめます!

スーパー以外に3つや4つ、お出かけ先のバリエーションがあると、楽ですよ。

まずはお住まいの「子育てガイド」を見直して

遠出はあまりできない、というのが前提なので、おうちの近くに何があるのか、まずは洗いだしてみましょう。

そんなとき役立つのが、生まれたときに自治体からもらえる「子育てガイド」です。

子育ての基礎知識の冊子などと一緒に、地域の子育て支援スポットの紹介があるはずです。そこには

●子育て支援センターの情報

●児童館の情報

などの子育てサービスの紹介があるはずです。

生まれたときはパラパラめくったけれど、あんまりしっかり見ていなかった……なんて方も多いのでは?

この冊子から、まずは2つ、

「児童館」

「子育て支援センター」

お出かけ先ができました!

毎月届く町の情報誌もチェック

90faf38802e980efc37c3a15020611aa_s

 

まだまだ地域の子育て情報はあります。地域によってはホームページが充実しているところもありますが、まだメインは「役所が発行する地域広報誌」です。

定期的にポストに投函されても、あまり見ていなかった、という人も多いのでは?

広報誌には必ず「子育て」という項目があって、子育てイベントや児童館でのイベントの情報がのっています。

さらに注目は、保育園の公開日の情報です!

公立保育園では、月に1~2回、園児でない子に園を公開し、一緒に遊べる機会をもうけていることがあります(地域によって異なります)。

子どもが喜ぶ手遊びや手作りおもちゃの作り方を教えてくれるのはもちろん、同年代の子供がいるママとも出会えます。

気分転換になること間違いないので、これはおすすめですよ☆

「保育園」を加えれば、これでお出かけ先は3つになりました。

お金はかかるけれど習い事もおすすめ

次に紹介するのは「習い事」です。

お金がかかることなので、ゆとりがあれば、ということにはなってしまいますが、週に1回、必ず行かなくてはいけない予定があると、生活にハリが出てきます。

どんな習い事がいいの?と聞かれれば、私は

スイミング!

と答えます。

なぜなら、親子のコミュニケーションが深まる上に、将来的にも本格的に習わせるとき、水に抵抗がないと楽だからです。

でも、最初のうちは、子供に泳ぐことを強いるのはNG。

あくまで、親子のコミュニケーションを深める、という目的でのぞみましょう!

どんな習い事でも、1才代や2才代に成果を求めるのはムリなこと。

ほかにリトミックなどもいいですね☆

ちなみに、ベビーの習い事も、民間のものは高いですが、自治体が運営するプールでのスイミングやNPO法人が主催するリトミックなどをチェックするとコストをおさえられますね。

習い事は、ママの気分転換にもなるので、検討する価値アリですよ。

まとめ

いかがでしたか?

最後に、「図書館」もいいですね。

多くの図書館では、小さい子用のスペースが設けられていますし、読み聞かせ会などのイベントも結構催されています。地域情報誌にはのらないこともあるので、こまめにチェックするといいですね。

1才代や2才代になると、絵本ときちんとかかわれるころなので、おすすめです。

今までの項目をまとめると、

「児童館」「子育て支援センター」「保育園」「習いごと」「図書館」

5つのお出かけ先が見つかりましたね。

親子のお気に入りを見つけて、ローテーションにしてみたらいかがでしょうか?

幼稚園入園まで、あともうひとふんばりです~☆