付添なしでもOK!子連れランチ★場所とメニューと持ち物まとめ

離乳食

 

毎日の育児でたまったストレス、どうやって発散していますか?

ストレス発散の方法はたくさんあるけれど、やっぱり外食ははずせませんよね。

おうちを出て、おいしいものを食べてゆっくりするだけで、元気がもらえます!

でも、外食するためにママ友を誘ったり、ばあばに付き添ってもらうのは面倒。

とはいえ、1人で外食するときとは違い、快適に外食を楽しむためにはいくつかポイントがあります。

場所は?

メニューは?

持ち物は?

などなど、赤ちゃんと外食する前に知っておきたいことをまとめます。発達別でポイントがちょこっと違うので、分けてご紹介!

お座り前ちゃんの場所、メニュー、持ち物

場所

子連れというと、ファミレスやフードコート、と思いがちですがねんねの赤ちゃんと行くなら、座敷のある店がおすすめ!

座敷なら、安心して寝かせておけますね。

動いていないベビーカーに寝かせたままだと、赤ちゃんがぐずることもあるからです。

さらに個室なら、授乳もそのままできるので楽ちんです。予算は高めだけど……。

和風のファミレスなら座敷のあるところが多いですね。

メニュー

お座り前だと、まだ食事ができない子が多いですね。離乳食をはじめたばかりのころなら、BFまで持ってくることもないと思います。ミルクやおっぱいでしのいで、おうちでゆっくり食べるほうが安心です。

離乳食がある程度進んでいるなら、お店のものを頼んでも。

パンやうどんがあるレストランを選ぶととりわけもできるので便利です。

とはいえ、味が濃かったり、かたかったりするのでレトルトのBFを持ち込むのが安心です。

ファミレスなどでBFを食べさせるときは、一応お店のスタッフに「食べさせてもいいですか」と確認するといいですよ。(フードコートなら確認しなくてOK)

持ち物

上記にもありますが、メニューのものをあげられない場合が多いので、レトルトのBFやパンを持っていくと安心。

そして、これはよくあることなんですが、ママが食事を始めるとぐずりだすことはよくあることなので、お気に入りのおもちゃは必須です。

歯固めやカシャカシャ絵本などに夢中になっている間に食事を楽しみましょ♪

おもちゃは全月齢通じて、必須です!

お座りOKちゃんの場所、メニュー、持ち物

場所

お座りができるようになると、座敷でなくてもOKになります。

なので、ファミレスやフードコートなどにも行けちゃいます。

ここで注意したいのは、バイキング形式のお店はやめたほうがいい、ということ。

いちいち自分で料理を取りにいかないといけませんが、何度も子供とりに行くの結構面倒です。

ドリンクバーもしかり。付添がいれば問題ありませんが、付添がないときは、バイキング形式の店は煩わしいです!

メニュー

おすすめはうどんです。ファミリー向けの店には必ずといっていいほど、うどん、ありますよね。

ラーメンは味が濃いものが多いし、そばはアレルギーが心配なので、うどんが無難です!

パンやスープ、といった組み合わせもおすすめです。

持ち物

ここで注意したいのは、店のうどんは長くて食べにくい点

なので、市販のヌードルカッターを持参すると便利!

わざわざ買うのはちょっと……という場合は小型のキッチンバサミを持参しても。

うどんがない場合はパンにスープ、というのもいいですね。

味が濃いのが心配な場合はお湯を持参すると安心。

味を薄めるとき使えて便利ですよ。

さらに、次のあんよちゃんになっても使えるお食事ベルト(写真)もあると安心。

51u80eDXJoL._SX355_

お座りが安定するまでは時間がかかるので、ちょっと目を離したすきに椅子から転落、なんてこともあります。

3歳くらいまで長く使えるので、1本あると便利ですよ。

あんよちゃんの場所、メニュー、持ち物

場所

お座りOKちゃんと同じ、フードコートやファミレスが安心です。

メニュー

離乳食完了期を過ぎると、いよいよキッズメニューもだいぶ食べられるようになります。

ただし、3歳くらいにならないと、なんでもOK!というわけではないので、はじめて食べる食材が入っているメニューは避けたほうがいいでしょう。

持ち物

上記にあったお食事ベルトはあると便利ですが、1歳代後半ともなると、嫌がる子も出てきます。

なので、ママが食事をしている間は…

ふだんしたがるけれど、あまりさせていないことをさせてあげると、集中して遊んでくれます。

たとえば

●スマホでゲーム

●スマホで動画を見る

など。さらに、このころになるとお絵かきが好きな子も増えますね。

●要らない裏紙とペン

●携帯タイプのおえかきツール

があると便利です。

まとめ

いかがでしたか?

外食をするだけでも、いろいろ気を使わないといけないのは大変ですね。

でも、ママの気分転換は大切!

慣れれば気軽に外食を楽しめるようになりますよ★