「産後の下っ腹のゆるみ」を数ヶ月で腹筋ができるまでにする方法

産後BEAUTY 体型くずれ・肌荒れなど

産後のトラブル・エピソード

出産後の悩み
産後というか、既に妊娠初期からもう体に関する心配事はありました。
ほとんどつわりがなかったのでとにかく食べる食べるという感じで、安定期に這いあった時には既に5kgアップです。病院でも「凄い勢いだね」と言われました。
そして、妊娠後期に入り、出産直前まででおそらく約15kgほど太り、産後の目下の悩みは体重の減量と下っ腹をどうへこますか、元に戻すかという事でした。
産後1週間で大体お腹はぺったんこになりますが、明らかになっていない!と思い、焦りました。
でも慣れない初めての育児に疲れて母乳を上げればへこむか…と思っていてもやはりへこまない、そう思って1年以上です。
やっとどうにかしようと思いました。

自分にとって辛かったことは何ですか?

悩み・マイナスポイント
もしこのままこのお腹の状態が続いたら、私は今既にほしいと思っている第2子に100%欲しい!という気持ちで子作りできないでしょう。
というのも、「また肉がつく!また太る、ぶよぶよになる」という思いが勝ってしまうからです。

解決・改善するためにやったしたこと

解決・ポイント
そんな思いをどうにかしなきゃいけないなと思ったので主人にも相談しました。
すると主人、普段は私の体型について特に何も言う事はありませんが、「たしかに太ってるよね」と言われてしまい、産後13kgは減らしたのに、そんな事を言われるとは!という感じでした。

という事で、同じように太った主人と一緒にジムへ通う事になりました。
最初は自転車をこいだり腹筋マシンを使ったりしていて面白かったのですが、1週間もすると飽きてきます。
その時に知ったのがジムで別途料金無くクラスを毎時間やっているので、それをやってみることにしました。
そのクラスが、サイクルクラス、ボクシングやズンバのクラスです。
日や時間によって違いますが、私が1番好きなのはズンバクラスです。
ラテンミュージックに合わせて色々なダンスを踊るだけでもう汗だく。これに自転車を10分と腹筋を100回以上週6でやったら、何と数ヶ月で下っ腹がへこんできて、お腹に縦線まででてきました。

その後の生活の変化・現状について

体重が減ったお陰で気持ち的に安心しましたし、大好きだったビールを運動した後だと欲す事があまりなくなり、平日禁酒も難しかった私が2週間以上平気でお酒を断つ事ができました。
更に、食事制限もしていないのですが、勝手に食欲が減りました。運動って凄い力だなと思いました。

【メッセージ】今、悩んでいる人に伝えたいこと

メッセージ

定期的な運動をしていれば体型は絶対に変わってきます。そして、運動なんて面倒だと思っている人こそやってみると運動が楽しくてハマってしまい、そのまま体重が減ったり、体型が良い状態になったりするかもしれませんよ。