【ウンチだけおまるでしない】うまくいった方法と合わせて失敗した方法も公開します

トイレトレーニング ウンチ

離乳食の開始と並んで、オムツはずれも育児の大きなハードルのひとつです。

なかなかオムツがはずれず、苦労しているという話も良く耳にします。

私の子どもの場合は、特別なトイレトレーニングなどもせずに
2歳半を過ぎた夏ごろに、なんとなくオムツからパンツに替えました。

最初は何回か失敗しましたが、そのうちに、いつの間にかオムツが必要なくなっていました。

とてもラッキーでしたが、ひとつ大きな落とし穴がありました。

おしっこは問題ないのだけれど…

なぜか、ウンチだけはおまるやトイレでは絶対にしてくれず、オムツがないとウンチができなかったのです。
普段はパンツで過ごしていますが、ウンチが出たくなるとなぜかオムツをつけたがり、オムツをつけるとすぐにウンチをします。

そのあとは、またずっとパンツで過ごします。

ウンチも何とかトイレでできるようにしたいと思い、一般的なトイレトレーニングの方法も検討しました。

いろいろ試しましたが…

・ トイレが好きになる。

よく、トイレトレーニングの第一歩として、

「トイレを好きになるようにトイレに子どもの好きなキャラクターのポスターを貼るなどして、楽しい雰囲気を作りましょう」というのを目にします。

でも、うちの場合は、オシッコはちゃんとトイレでできるので、トイレがイヤというわけではないようです。

また、ウンチのときにトイレにつれていったときも、最初は嫌がらずに座ります。

新しい子供用の補助便座を買ったときは喜んでトイレに行きましたが、やっぱりウンチはできませんでした。

・ 排泄のタイミングを計ってトイレに誘導する。

排泄のタイミングは、ウンチをしたくなるとオムツをせがむのですぐにわかります。

そのタイミングですぐにトイレやおまるに座らせるのですが、しばらく待っても出ません。

そのうちに、いやになって、立ち上がってしまいます。何回かそれを繰り返すうちに、あまり我慢をさせて便秘になってはと心配し、最終的にはオムツでウンチをさせてしまいます。

排泄のタイミングは、間違っていないのですが、やはりトイレでウンチはできません。

・ ウンチが出やすい体勢を作る

しっかり踏ん張れるように、床に足が着かないトイレではなく、おまるで試しました。また、ウンチが出やすいようにおなかをさすったりもしましたが、やはりだめでした。オムツに変えると何もしなくても、すぐに出ます。

いろいろ試しましたが、なかなかうまくいかず、3~4ヶ月ほど、ウンチだけオムツでする生活が続きました。そこで、最後の手段として、次のことを試しました。

【結局これ】出るまでがんばるということ

とにかくウンチが出るまでおまるに座らせてがんばってみることにしました。

ただし、これまでと違う点は、オムツのストックをきらしていることです。

案の定しばらくおまるに座るとオムツをしたがりましたが、今回はもうオムツはありません
(当然、保険のために、2、3枚は隠し持ってはいましたが・・・)。

本人も、もうオムツがないということは理解できるるようで、何回かおまるをあきらめかけるたびにオムツがないことを言い聞かせ、40分以上かけてようやくおまるでウンチができました。

オムツを買い足すのをやめるときに、
「もうじき3歳になるんだからオムツはもういらないよね」と本人に了解を取ったことが、オムツをあきらめるためには一番重要なポイントだったと思います。

その後は、うそのようにおまるやトイレでウンチができるようになり、ぱったりオムツは必要なくなりました。

オムツはずれに時間がかかることもあるかもしれませんが
一度トイレでできるようになればすぐにオムツは必要なくなります。

また、オムツはずれに限らず、2、3歳の幼児とはいってもこちらの押し付けでするのではなく
子ども自身がやる気になることが一番大事なことだと思います。