【うちの子にはどんな幼稚園?】選ぶときに最低限考えておきたい4つのこと

幼稚園の選び方

うちの子にはどんな幼稚園?

3歳になった次の4月には、いよいよ幼稚園入園。
前年の秋に願書を提出しなければならないので、2歳頃から幼稚園の情報が気になってくると思います。

激戦の保育園とちがい、幼稚園はある程度選べるのがいいところ。
子どもが楽しい3年間を送れるよう、幼稚園探しのポイントをご紹介します。

1,公立か私立か

なんといっても、公立のいいところは保育料が安いこと!
先生は公務員なので、ベテランが多く安定してします。

一方、デメリットは保育時間の短い園が多いこと。行事のお手伝いも私立に比べて多いようです。
全国的に公立の幼稚園は少なくなっているようです。

私立は保育料が高いですが、自治体から補助金が支給されます。
制服も私立の方がかわいい所が多いようですね。
私立は園によって、教育内容もかなり違います。

2,バスか徒歩か

・バス

メリットは、ママが楽なこと!
体力的に送り迎えがきつかったり、下に小さい兄弟がいる場合は、バスだととても楽でしょう。天気が悪い日も安心です。
かわいいバスがお迎えに来るので、乗るのが楽しみな子も多いと思います。

デメリットは、幼稚園での様子がよく分からないこと。他の子どもや保護者に親近感がわかないので、ちょっとトラブルがあった時に、相手に悪い感情を持ちやすいようです。
あとは、幼稚園で行事があるときに行くのが大変。

延長保育を利用することが多い場合は、バス通園でない方がいいかもしれません。

・徒歩

メリットは幼稚園の様子がよく分かること。
先生やほかの保護者と話をする機会も多いので、親しみがわきやすいでしょう。
よく歩くので、子どもの体力もつくし、子どもとお話しながら園に通う時間は、かけがえのないものですよね。
バス代がかからないので、保育料も安くなります。

デメリットは、やはり送り迎えが大変なこと。特に自分が病気のときや天気が悪い時は、正直つらいです。
下に小さい赤ちゃんがいると、ますます大変ですよね。

3,お弁当か給食か

・給食

最大のメリットは、ママが楽なこと。

お料理があまり得意でないママには、給食は魅力的なのでは?
クラスのお友達と同じものを食べたり、温かい給食を食べられるのもいいですね。
ただ、お弁当の幼稚園と比べると、当然保育料は高くなってしまいます。

・お弁当

毎日お弁当というと大変そうですが、幼稚園児のお弁当箱はとても小さいので、意外と簡単にできてしまいます。
アレルギーを持っているお子さんは、自分で食材を選べるので安心ですね。

毎日お弁当を作っているうちに、コツがつかめるので、小学生以降、運動会や遠足のお弁当も、プレッシャーを感じずササッと作れるようになりますよ。

4,園の特色で選ぶ

幼稚園は義務教育ではないので、園によって特色がいろいろあります。

・お勉強系
・のびのびと遊ばせる
・自然体験が豊富
・体力づくりに力をいれている
・延長保育がある

小学校受験を視野に入れているのなら、お勉強系の幼稚園がいいでしょう。
漢字や算数、中には漢文の素読をやるような園もあります。

ただ、小学生になると、他の幼稚園や保育園の子と、それほど勉強面での差はなくなります。

お米づくりをやったり、野山を散策して自然に触れさせる教育をしている園や、マラソンや遊びを通して体力づくりに重点を置いている園も。

仕事をするつもりなら、延長保育をしている園を選ぶと安心です。

自分の子に合った園を選ぶには

まずは通える範囲にどんな幼稚園があるか、調べてみましょう。
自治体が出している子育てマップなどでも紹介されているし、たいていの幼稚園はホームページがあります。
体験入園や見学会をやっている園も多いので、いろいろな所を見学してみるといいですね。

その幼稚園に通っているママたちの雰囲気を観察したり
(自分とあまりにもタイプの違う人ばかりだと、話が合わなかったり、教育方針が合わずつらいです)、

声をかけて幼稚園の話を聞いてみても。
知らないママに声をかけるのは勇気がいりますが、子どもがいるママ同士、けっこう親切に教えてくれますよ。