【お外デビュー】赤ちゃんが歩き始めたら…将来のためにも大切な靴の選び方

赤ちゃんの靴の選び方

靴選びが将来の骨格や運動神経などにも影響するってご存知でしたか?

赤ちゃんが伝い歩きを始めると、そろそろ考えるのが「お外デビュー」。
今までも、ベビーカーやだっこでは外に行っていたけれど、自分の足でお外を歩けるのは、赤ちゃんにとって新鮮な喜びですよね。

そうなると、必要なのは「靴」。いろいろな種類のものがありますが、どんな靴がいいのでしょうか?
下手な靴を選ぶと、子供の骨格によくないそうです。しっかりポイントを押さえて、いい靴を選びましょう。

どんな靴をはかせればいいの? 靴の選び方5ポイント

1.足に合った大きさの物を選ぶ

靴屋さんに行き、足のサイズをはかってもらってから購入しましょう。
「子供はすぐに大きくなるから」と、大きめのサイズを買う人も多いと思います。じつは、私も大きめを買っていました。
でも、やっぱり歩きにくいのか、よく転んでいました。

ぴったりサイズを買った後は、靴が窮屈になっていないか、こまめにチェックしてあげてくださいね。
窮屈な靴のままでいると、足の指が変形してしまいます。

2.少しつま先に余裕があるもの

「ぴったりサイズ」と言いましたが、つま先にほんの少し「遊び」が必要です。5ミリ~1センチ程度は余裕があるものを選びましょう。

長さも大切ですが、幅もお忘れなく。靴の中で足の指がしっかり動かせる幅があるかチェックしてくださいね。

3.甲をしっかり固定できるもの

足の甲をしっかり固定できないと、すぐに脱げてしまったり、転びやすくなってしまいます。
幅広のテープがついたものを選べば、子供の足の大きさに合わせて、しっかり甲をホールドできます。

4.はく部分が大きく開くもの

足を入れる部分が小さいと、上手にはかせることができません。
スリッポンタイプやひも靴でなく、テープ式で大きく開くものが、はかせやすくてオススメです。

5.靴底が固すぎないもの

靴底が固すぎると、歩くときにしならないので、かかとがパカパカと脱げてしまいます。足の動きに合わせて曲がる、適度に柔らかいものを選びましょう。

ズバリ、オススメの靴はどれ??

赤ちゃん用品メーカーやスポーツメーカー等、いろいろな会社が赤ちゃんの靴を販売しています。
でも、これらのメーカーはファッショナブルだったり、機能性を追求していたりで、けっこうお高いのが難点。

そこで、私がオススメするのが「IFME」の靴。

http://ifme.jp/

赤ちゃんの足のことをよく研究して作られているし、お値段も手ごろです。うちも、子供たちが小さい頃は、IFMEの靴を買っていました。
歩きやすいし、親がはかせやすいのもいいんですよ。

安く靴を買うためには

子供の足のサイズに合わせてこまめに買い替えるのがいいとは分かっていても、靴も安くはありません。けっこうお財布に痛いんですよね。

あまりメーカーなどにこだわりがないのであれば、リサイクルショップやフリーマーケットを覗いてみては。
3歳くらいまでは、あまり靴も傷まないので、状態のいいものがたくさん売っています。

裏技としては、市場や問屋で買うのもアリです。普通の靴屋よりかなり安く買うことができますよ。
私も、子供たちの靴はいつも問屋さんで買っています。幼稚園や小学生になると靴の傷みが早いので、とても助かっています。